2017年07月08日

2017 シカゴ早慶戦

 

シカゴゴルフです。
1969年から第59回・シカゴ三田会・早慶戦ゴルフ(@Bowes Creek C.C.)でした。icon01
(尚、本巻末にアップしましたが最後は凄いことに・・・。face08

さて、当ブログのゴルフネタも昨年の8月以来。
以前は早慶戦にも常連でしたが、今回は2013年度・大会以来(月例とあわせて3年ぶり)の参加でした。

各パーティは実力通りの結果でベスグロは70台も飛び出し、皆さんの活躍が眩しかったです。
我がパーティは3人対1人のアンバランスを考慮したアンバランスマッチ対決。
私は稲門会の方と同じスコアでしたが惜敗。また、あわやエースのニアピン18㎝の1ポイントをやっとこ貢献。(5パー、1バーディで・・・スコアは90を切れず)icon10

総合結果としては慶應の勝ちで20連勝、V20(通算戦績は45勝14敗)を達成しました。icon12icon12  続きを読む


Posted by I.T.A., Inc., President, Shin Kishioka・岸岡慎一郎 at 23:59プライベートシカゴシカゴゴルフシカゴ三田会

2017年07月02日

アメリカのドローン大学

face07 Thanks to our Trevor and DAREBEE! I was able to cut down 7 kg in two weeks. Now, drone training class starts...

アメリカは独立記念日直前の月末の週。
7kg減量したのにBMRやLBMまでもが及第点。。。icon10

さて、弊社のトレバーさんは毎日数個の新しいネタを提供してくれています。
どんなに斬られようが、来る日も来る日も新たなネタ、ビジネスアイディアを探し、練ってアタックしてきてくれます。

彼が紹介してくれた、このDAREBEEサイト、軽く流してましたが毎週数時間のワークアウトしかとれませんが、減量効果が出てきました。2週間で7kg減ですが。彼は毎日トレーニングしているので鍛え上げられていますが、昨日に着任したサンディエゴからインターンもパーソナルトレーナー。また、今週も来社されたアメリカの某殿堂入りの方から喝をいれられました。

因みにトレバーさんが紹介してくれる技術ネタとしては、  続きを読む


Posted by I.T.A., Inc., President, Shin Kishioka・岸岡慎一郎 at 20:03プライベート仕事アメリカアメリカの流行トライアスロンクロストレーニング

2017年06月25日

TOFUGU JAPAN

Three MUST sites for Japanese by and for Americans, TOFUGU, . WANIKANI, and ETOETO. Thank you for all of your efforts for peddling all about Japan and Japanese. Thanks to Trevor!

アメリカが変わり、世界が変わる、いま。

本来、日本がアメリカで手掛けるべきビジネス、技術、モデル・・・。
アメリカ人・欧米人により手掛けられてしまっており、更に増えて来そうです。

スタバ、俳句のツイッターエレクトロニクス・スマホのアイフォン、テスラ、最新型個室ホテルのヨーテル、しまいにはラーメン屋、、、などなど数えきれない。

アメリカの最新の流行りのジャパンサポートプラットフォーム、TOFUGU(豆腐・フグ)WANIKANI(鰐蟹)ETOETO(えっとえっと)など日本を学ぶには、或いはグローバルに通用する意訳や実践がやはり上手いのだと痛感する。

アメリカ進出、事業拡大を考える企業は是非これらの海外の方々から映るジャパン、またそれらを他の方々に分かりやすく興味を持たせるかという観点を学ばれることをお勧めいたします。  続きを読む


Posted by I.T.A., Inc., President, Shin Kishioka・岸岡慎一郎 at 22:03ご案内プライベートアメリカの流行日本進出

2017年06月18日

SELECT USA

Thank you for visiting us at our office prior to the 2017 SELECT USA annual event in Washington DC. While we support the export and market entry into the Asian markets, we hope that the many of the foreign investments will flow into the US.

SELECT USA SUMMIT AGENDA

アメリカはワシントンDCにていよいよセレクトUSAが明日より開催されます。
先週は様々なアメリカ進出支援をされている団体、遠くからはミシシッピー州をはじめとするアメリカ(中西部以外の)州政府の方々が今後のコラボ・提携依頼で来社されました。

日本からは師匠・大先輩方々が続々とDC入りしています。欧州はじめ中国勢に勝る投資国・投資企業集団となれる、です。 日本やアジアへの輸出支援との連動をはじめ、対日・対亜進出支援というアウトバウンド・インバウンドの   続きを読む


Posted by I.T.A., Inc., President, Shin Kishioka・岸岡慎一郎 at 23:49アメリカアメリカ進出

2017年06月11日

アップランドサウス

胸囲130㎝たち相手にメインプレゼンターとして
アメリカのアップランドサウスに出張してまいりました。

ディープサウスの別のお客様ともこのアップランドサウスのお客先で合流しました。

前日は夕方から写真の方々と4人で近況報告、翌日の話すポイントや順番、誰がどこで突っ込んで補足するかなど、さらりと遣り取りする中での阿吽の呼吸感を擦り合わせる。やはりアメリカは綿密過ぎます。。。(汗) いつもながらとは雖も、まさに世界の全ての党派が集ったような”場”でのプレゼンと商談は相当に痺れます。日本からアメリカ進出される産業用製品のメーカーさまは、先ずは日本の集積地である刈谷と浜松エリアの二地域で売りまくってからアメリカへ参戦されると宜しいかと思います。特に製品のユニークなアプリケーションや効果、現地でのサポート体制の提携先は重要です。

前日ミーティングには完全にピエロ役で参上しましたが(またアメリカの南部訛りにも相当自信あり)、そこで薄っすらアイスブレークしたつもりが、ちょっとしたアメリカ人の真剣スイッチが入り、、、変化球でこられたら忽ちに斬られます。この、斬られる、ということが極めて重要だと思っています。この写真の方々との会食(いまだ5回ほど程度ですが)は肉はゼロというのも驚きです。(これもアメリカの変貌ぶりを物語っています) 

2万人以上の会社の幹部の方を前に・・・何なんですが、アメリカの製造業を支えて下さる方々は本当に凄い方々です。そして、我々をグループ会社の新規口座開設に翻弄してくれていた影なる努力を知り、日本人はフィンガーボールの水を美味い美味いと飲んでいるKYぶりではあかんぜよと改めて。。。また、真剣にアメリカ市場に参入しようとおもうならこういう方々(特にアップランドやディープサウスの)とは毎日、世間話をしないとなりません。
さて、今週は更にディープサウスやアップランドサウス、ブルーグラスからもご来訪があります。


最近では、  続きを読む


Posted by I.T.A., Inc., President, Shin Kishioka・岸岡慎一郎 at 23:05アメリカマイノリティカンパニーアメリカ製造業

2017年06月05日

アメリカ・ビズシーズ

(inc.com)
Go Chicago~! シカゴがソーシャルプレナーシップで全米の首都に。
シカゴで、アメリカで起きている見逃せないこと。。。という必読系な記事です。

また、ソーシャルだけでなくバイオ、テクノロジー、フィンテックなどでもシカゴが全米を牽引していると言ってもいいと思います。この変貌ぶりは水面下で加速化してきていて速いです。日本ではまずニュースになりませんが、何故シカゴがテクノロジーに火がついているいるのかということは、アメリカではちょっとしたニュースです。

ビズシーズがスタートしました。


アメリカビジネスの様々なシーズや奮闘について、ちょっとこのブログとは違う形で生々しく寄稿していければと思っております。ソーシャルプレナーとなれるか分かりませんが引き続きご指導をお願いいたします。

また、  続きを読む


Posted by I.T.A., Inc., President, Shin Kishioka・岸岡慎一郎 at 07:28アメリカ新ビジネスアメリカの流行アメリカ新商品・新技術アメリカ進出

2017年05月30日

U.S. 7th Fleet -米国第七艦隊


MEMORIAL DAY - CELEBRATE - HONOR - REMEMBER -

アメリカはメモリアルデー連休です。
これで全米が夏となるのですが、毎年ながら本当にそんな陽気と雰囲気になるから不思議です。
今週末から一気にみんながアクティブに動き出し、様々なイベントも目白押しになってまいります。

ニッポンからアメリカへの黒船も続々と押し寄せてきております。
同時に、西海岸・東海岸からも中西部にも押し寄せてきております。

目指すはアメリカのハートランド、CESやRSNA以来のシカゴ進出を決められた某社、事業・工場拡張にのぞむ某社、弊社のビジネスサポートと連動しながら戦略的提携をめざす数社とそれぞれに各社の信念と決意が今までとは違います。アメリカの第七艦隊と勝負するために日本も第七艦隊をぶつけはじめてきました。

アメリカでの施策も戦略提携先M&A候補、サプライヤー探索、販売代理店候補など、より実践に繋げるための目的の内容が増えてきていて仕事に直結していく可能性が高くなりレバレッジを効かせる方向となってきております。アメリカでのリソース不足状況は続きますが、日本企業にとっては完全なる現地化・現調化への大号令が大きなチャレンジとなります。また、移転価格や製造者責任などの進出・取引・事業形態・サプライチェーンの変革が求められています。

インターンも562人目、563人目が着任、来週末には564人目、インターンによるインターンの面談・面接が565人目、566人目と580人くらいまでラインアップが続いております。この度はご縁あり、初のアメリカの大学のアメリカ人(日本語堪能)も開始しました。最近はお客様、御取引先関係者の方々が殆どでエンドースメントベースとなりつつあります。

もうすぐ、オンラインベースでの  続きを読む


Posted by I.T.A., Inc., President, Shin Kishioka・岸岡慎一郎 at 12:43アメリカ進出シカゴ進出インターン戦略・提携

2017年05月21日

Artificial Intelligence

突然、グーグルA.I.がメール返信候補を掲げ始めましたですね。

ミーティング候補日の中から自動検出して火曜日なら、と返信候補も三つが四角枠内に表示されます。親しい関係にある方々やこれまでの遣り取りをみてカジュアルなテキスト返信候補も表示。

最初はゾッとしましたが慣れは怖いものでシチュエーションによっては便利さを感じます。音声認識サービスによるAI応答をはじめ日々の様々なシーンでAIが活躍をし始めております。アメリカの若者たちと話をしているとAIとやり取りしているように感じます。。。

ここからがディープラーニングとの連動で本当に光速化してきます。 ・・・と同時に日々のアメリカ人たちの応答スピードが加速化してきております。

これらのエコシステムは連動性や相関性があるのか、様々な件名や事業などの垂直立上げが求められてきてます。  続きを読む


Posted by I.T.A., Inc., President, Shin Kishioka・岸岡慎一郎 at 23:59アメリカアメリカの流行アメリカ進出アメリカ情報技術室

2017年05月14日

HAPPY MOTHER'S DAY

to all the moms.

初の日曜オフです。さて、この身長(cm)ー110を大きく超えた状態の醜い身体を再度鍛えなおすのは本当に大変だ。

トライアスロン、マラソン、スパルタ系レースには出ないのか、ゴルフやその他のスポーツへのお誘いも増えてきており恐ろしい限りの2017です。

  続きを読む


Posted by I.T.A., Inc., President, Shin Kishioka・岸岡慎一郎 at 22:40プライベートシカゴアメリカトライアスロンクロストレーニング

2017年05月07日

2017年04月24日

アメリカのCSR

アメリカの企業価値、価値観が大きく変わってきています。
先週は、シカゴでマイノリティの年次総会、CBOFが開催されました。

今年で何と50周年を迎え、国籍を問わずにアメリカで活躍する大手企業のCSRの一貫としての評価の25%を占める位置付けとしてもサプライヤーダイバーシティの重要性が昨年と比べても更にパワーアップした感じで出展者数も今年の方が多かったです。

アメリカの失業率が高まっても5%以下と、完全雇用に近い状態で、CSR評価を高め仕事の意義^WHY?^を向上させないとアメリカ人社員のリテインも困難となってきているとのことです。これは、一見、直接に関係が無いようでいて、特にいまの若者達には重要視されてきています。

日本の大企業も最先端をいっている会社は流石、死角なしで出展されていましたが、この50年の長い歴史の取り組みギャップを日本の企業が埋めるのは相当な努力が必要だそうです。アメリカの大企業は会場でも慣れきった感じで新たな施策に順次でどんどんと更に新たなSDを推進していて戸惑うばかりです。我々も新参者なので、底なしな取り組みが必要です。関連のイベントは今後は毎月の様にアメリカの各主要都市で開催されます。特に中国勢とアフリカ進出を含めたアフリカ勢のエネルギーが凄いです。

他の先輩企業の知恵を頂きながら推進し、  続きを読む


Posted by I.T.A., Inc., President, Shin Kishioka・岸岡慎一郎 at 07:08アメリカ商社業大統領直轄イニシアチブマイノリティカンパニーマーケティング・リサーチ

2017年04月16日

シカゴのイノベーションハブ



イリノイ州でうまれた、ユーチューブ(共同創業者)、マルウェアバイツ、オラクル、ネットスケープ、CDW、グルーポン、ブレーンツリー、ジオフィーディアなどをはじめとするイノベーションをシカゴを中心に更に加速化させていくイノベーションハブ化が活発化してきています。

若手育成の理系アクセレレーター、IMSAを中心に子供の起業とイノベーション促進、 in2が立ち上がってきています。これが次世代への期待スペースです。世界中の人々が驚き、世界中の人々に使われるテクノロジーがうまれてまいります。ベンチャーワークスペース、1871WeWork各所ともコラボが進みます。あとは、カリフォルニアの気候と過去の失敗を許す(乗り越えた次の起業ローンチ)風土の熟成を大切にしていくようです。

今週末は、   続きを読む


Posted by I.T.A., Inc., President, Shin Kishioka・岸岡慎一郎 at 21:32プライベート仕事

2017年04月09日

AUTOMATE2017

北米最大のオートメーションショー、AUTOMATE がシカゴで開催され、この大盛況なショーに行ってまいりました。

製造業、サプライチェーン、代理店の分野におけるProMAT、また食糧食品機械・技術におけるProFoodTechが併設開催、沢山のお客様が出展されました。全米の全50州から、また世界48ヵ国からの参加者が集結した珍しい展示会です。来場者も、製造・エンジニアリングが40%、本社機能・調達が27%、研究開発が10%、となっております。 日本から出展されたお客様方々も次回も必ず出展したいと仰ってました。

アメリカの製造回帰について以前にブログアップしました。オートメーションが普及し、進化しつづけるとどうなるのでしょうか。 製造回帰、製造回帰とアメリカは製造業をただただアメリカに戻す事ばかりに注目が集まっています。 2000年からアメリカの製造業従事者の500万人が海外流出したことを考えれば確かに闇雲に労賃の安い市場へ安易に流出するなとは理にかなっています。

ただ、それだけではないのです。。。  続きを読む


Posted by I.T.A., Inc., President, Shin Kishioka・岸岡慎一郎 at 22:53シカゴアメリカアメリカの流行アメリカ進出アメリカ製造業

2017年04月02日

アメリカで初のIIoT導入

アメリカはマーチ・マッドネスを経て、既に4月でもうファイナル・フォーのシーズンなのですね。 巷では最高に盛り上がりをみせており、今シーズンのゴンザガの快進撃が大注目ですね。

さて、アメリカでやや大規模なIIoTを初めて自動車メーカーサプライヤーに導入となりました。今回のコラボは5社でした。

Meiji Corporation x TOYO Engineering g-en-b x PATLITE x Calsoft x ita

PATLITE上からのシグナルによる稼働状況や異常を可視化。この様なコラボの掛け算がどんどんと増えてくると思います。 

また、先週はミネソタの水処理技術展にクライアントが出展、今週からは北米最大の自動化のオートメート展がシカゴで開催されこちらにもクライアントが出展します。何れの展示会でも多くのIIoTが注目されていました。今年1月には、   続きを読む


Posted by I.T.A., Inc., President, Shin Kishioka・岸岡慎一郎 at 19:14アメリカの流行アメリカ進出アメリカ情報技術室商社業戦略・提携アメリカ製造業

2017年03月26日

アメリカの巨人たちに踏まれて

最近はアメリカの社員15万人以上の大企業からの出頭要請が少しづつ増えてきました。

アメリカの製造業&研究開発の集積地、デトロイトに今週も二回往復しましたが、急遽、パートナー会社の米人たちと週末を投下して資料作成となりました。このミーティングが実現すること自体、日程調整だけで2.5か月を要しました。

期限は二日後、このエレベーターピッチ的な急転直下型で、ハイパー集中し一気呵成に物凄い馬力を入れて働くのがやはり凄いです。(ついていけるかなぁ・・・) こんなミジンコの様な我々に一体、巨人たちを相手にして実現が出来るのか、感触を確かめ合いながらの推進が続きます。

来週、テキサスにて全米の同社内・全役員向けのプレゼンが実現することとなりました・・・。icon10icon10 先方社内幹部が代行してプレゼンとなるので、内容も端折られないような決定打、クリエイティブ、アグレシッブ、ラジカルで効果的な先方の利益をを散りばめる必要があります。また、今後の世の中で重要となる12の現在進行形の施策トピックに関する自社取組状況の反映。更には、先方へのCSR向上メリット、サプライヤーダイバーシティプログラム、インクルージョン、などによるリスクアセスメントを含めて、地域貢献に関する取り組み状況を含めての総合的な提案をしろ、と取引企業には相当に高度な要求仕様です。特に、我々がオンリーワンであること、取引したら相手に圧倒的なメリットがあること、に関する落とし込みは本当に全叡智を集めて練り上げるのが大変です。巨人たちに踏み潰されて分かることは沢山あります。ただ、スポット的な取引ではなく、最初で最後の会社対会社の継続的な取引を真剣に検討してくださっている証拠。

また、一方では、将来の防衛の為に、日本のアメリカ経済への貢献についてもアピールをしつつ、  続きを読む


Posted by I.T.A., Inc., President, Shin Kishioka・岸岡慎一郎 at 22:10アメリカ国内海外出張商社業マイノリティカンパニーアメリカ製造業