2012年10月19日

日本企業の海外進出比率



アメリカのビジネスサポート・プラットフォームプロデューサーたちとMTG。

日本の企業数、4,213,190社のうち大企業11,926社を除いた社のなかで、(大企業を除いた)10,782社しか海外進出できていないとすると、0.25%程度しか海外進出はしていない。 既に海外進出している企業でアメリカ進出や約30%程度です。 

4,000,000社近い企業がアメリカに押し寄せてくるとなると(仮に10%だけだっとしても)大変なことになりますね。 はい、そんなことが言いたいのではないですね。 韓国勢のように本国は人口が少ないにもかかわらず、アメリカの主要都市には日本人の10倍以上のひとたちが平気でいるこのパワー。 対応マーケットが広い中で人材がどんどん枯渇していきます。 この、グラフの通り抜本的にハイパードメ思考からの脱却はそもそも無理なので、世界には新たな日本企業向けのサポーティング・プラットフォームの構築が必要です。 日本の町ごとそのままきなはれ、と。

『既にアメリカの某都市がそのような視点で動き出しております。』 素晴らしい事です。 今日も、来訪されたプロデューサーたちに私の思いつき企画をぶつけて即断即決でGO!とお墨付きをもらいました。





同じカテゴリー(アメリカ進出)の記事

Posted by アメリカ・シカゴ I.T.A., Inc., President, Shin Kishioka・岸岡慎一郎 at 09:44 │アメリカ進出