2012年10月05日

シカゴのボキャブラ



夜のリセプションから息子の学校のコンファレンスへ。 小学生なのにパワポで自身のパフォーマンスについてプレゼンには驚き。 また、夜な夜なシカゴの現地校の小学生の今週のボキャブラリストと格闘。 例文とテスト問題を作成。 たかが8つの単語でも継続は力なり。

宿題以外にボキャブラの意味を理解してテスト準備しなければならないが、言葉の分からない人に言葉を教えることほど大変なことはないですね。 グーグルイメージで画像も添えながら、日本語と英語の両方で説明しながら、テスト問題をつくってあげて、となかなか大変です。 edhelper.comと併せて教えていかねば。

仕事もそうですが如何に自分が徹底的に理解していないと、本当に分からない立場に立てないと、本当の意味で教える側にはなかなか立ったとは言えないですね。 仕事も教育も何がどこまで分からないかを分かるのが大変なことで、しかも異国の方へ説明や教育となると二乗で難易度がアップ。 この部分のコミュニケーションに相当な時間を費やしていて、これを早期にクリアにしてくことは大事なことです。 教えるという事や子育ては自分自身の成長にも欠かせないことです。





同じカテゴリー(アメリカ)の記事
MENTEES
MENTEES(2017-10-09 14:08)

シカゴの西やん
シカゴの西やん(2017-07-23 23:02)


Posted by I.T.A., Inc., President, Shin Kishioka・岸岡慎一郎 at 18:17 │アメリカ