2012年09月21日

アメリカ進出投資



弊社内にデモ機を置いて、人を貼り付けて、アメリカ進出には本腰の覚悟と取り組みが必要ですね。

米国環境保護庁はじめアメリカの大手企業や組織が本気度を理解して漸く動き出しました。 環境庁はすぐに持って来きてくれ、とのことで弊社の米人が機械持ち出してすっ飛んで行きました。 ダイナミックな市場にて即応していけるか、様々な力が試されます。 設備機器の導入に際しては顧客が外部からも予算をかき集めるケースも多くファイナンスをつけてあげるパワーも必要であったりします。 そのような アメリカでの環境、医療、燃料電池などの先進分野、早急にビジネスインしたいです。 





同じカテゴリー(アメリカ進出)の記事
世界のワオとホワイ
世界のワオとホワイ(2017-08-13 22:15)

SELECT USA
SELECT USA(2017-06-18 23:49)


Posted by I.T.A., Inc., President, Shin Kishioka・岸岡慎一郎 at 21:48 │アメリカ進出