2012年06月14日

2013 / 2014



「投資家を集めてくれ。俺らも一千万ドルまでは出す。また、それらを梃子に日米にJVを設立しよう。」

シカゴで大成功をしている投資家であり起業家の仲間との本日の打ち合わせの際の開口一番の切り出し文句。今年だけでも5社のJVを設立、また、2件の事業投資をしているだけに強気です。

これに対してまずは日本市場に参入して製品技術の独自性と可能性を実証してJVを設立しよう、日本には行き成りの投資環境やマインドは無いからまずはポテンシャルを実証する必要がある、と。フランクな意見をぶつけ合いました。

2013年/2014年のアメリカ経済を中心としたグローバル経済はどうなるのでしょうか。投資家達はその為の布石を今から打ち始めています。大統領選挙後、就任したら直ぐに中間選挙や次期選挙に向けて来年は可也厳しい施策を打たねばならないはず、だから・・・。2013/2014の景況予測が注目されており、これからはMUSTのテクノロジーや領域、業界を攻めるのだと。

自動車用特殊部材、IT、電子デバイス、を中心としてJV立ち上げるくらいに突っ込んでやってみます。


ITA japan



同じカテゴリー(アメリカ)の記事
難易度MAXなリサーチ
難易度MAXなリサーチ(2017-10-22 20:18)

MENTEES
MENTEES(2017-10-09 14:08)


Posted by I.T.A., Inc., President, Shin Kishioka・岸岡慎一郎 at 20:03 │アメリカ