2012年04月20日

バーチカルファーミング



仲間が2エーカーの土地から100万ポンドの食べ物を生産という記事に掲載。
アクアポニクスやバーチカルファーミングを手掛けようとしています。 大都心や魚の養殖や野菜の農場に適さない過酷な天候地域での安全で健康な水耕&野菜栽培工場です。

バーチカルファームサイトに拠ると、2050年には世界の人口の80%が都市部に住むと予測されております。今後、人口が30億人増えると、約1000,000,000㌶の農地が不足するとされています。

アメリカにおけるテラピア消費がここ数年で年率25%以上の伸びをしめしている。 1995年にはたかが25,000トン/年でしたが、300,000トン/年にまで急増。 これにはアクアポニクスなどの都市型養殖などの普及にもよる。 また、カーボンフットプリントを減らすため80~160km圏内にあることであるとも目安とされています。 

都会や環境が厳しい気候における魚の養殖&野菜の水耕、アクアポニクスやバーチカルファーミングがいよいよ本格的な普及に向けて動き出してきております。
最も安全な食べ物として少しづつ認知されきており、アメリカで盛んになってきています。 商業調整区画のゾーニィングの整備がおいついておらず、各地方自治体の許認可を得るために申請が必要です。 





同じカテゴリー(アメリカ新商品・新技術)の記事
シカゴの西やん
シカゴの西やん(2017-07-23 23:02)

INNOVATION LEADERS SUMMIT
INNOVATION LEADERS SUMMIT(2017-07-09 23:52)

『ガイアの夜明け』
『ガイアの夜明け』(2017-01-15 22:38)

IOT-Product Release
IOT-Product Release(2017-01-14 22:03)


Posted by I.T.A., Inc., President, Shin Kishioka・岸岡慎一郎 at 11:05 │アメリカ新商品・新技術