2012年02月22日

サービスロボット


部屋の左半分の写真の重厚な役員室に招かれ、先方から7名、チームジャパンから3名でミーティング。。。

右半分にはコーヒーやお茶(お茶もこれまでにみたことがないもの)、歴代社長の肖像画のつづきが。 また、個別のカクテルグラスにフルーツの盛り合わせなどがある会議室は初めてでした。 

将来の成長産業、サービスロボット。 製造業にも深くかかわって来ます。
ニッポンのお家芸が製造現場のFA支援やあらゆるシチュエーションでの探査・検査・救助をサポートしていきます。

シカゴがアメリカでの最先端を目指して動き出しています。 こういう分野に、ディズニーのディレクターを起用していくというコンセプトも素晴らしかったです。 どこの馬の骨か的な説明やら、テクノロジーラインアップから実績を一通り説明して、ポイントとなる質問のみをポンポンと浴びながら4月のアメリカデビューが決定した瞬間を迎えました。 いやー、本当に良かったです。

いつも気がつくと朝・・・・な今日この頃。 

同じカテゴリー(アメリカ進出)の記事
世界のワオとホワイ
世界のワオとホワイ(2017-08-13 22:15)

SELECT USA
SELECT USA(2017-06-18 23:49)


Posted by I.T.A., Inc., President, Shin Kishioka・岸岡慎一郎 at 20:56 │アメリカ進出