2011年12月15日

ニッポンのテクノロジー求む



日経新聞にROCKET SPACEが 『アメリカ、ベンチャー大国 健在』 という見出しとともに掲載されてました。 何もベンチャービジネスだけでないと思いますが。 将来の、そして企業のドライビングフォース(DF)。 どこでもスタートアップが求められる時代。 超前向き、前にしか向けません。 DFを生み出すエンジンを作り続けたいものです。 

[Immediate Release]
ニッポンのテクノロジーを世界へ。 日本の最新音声・声帯認識技術を求めております。  周囲の騒音や音声からも特定の音声や声帯をセグレゲートして認識ができることが望ましいです。 エンベッドデバイスやソフト、また、取引形態もライセンスベースなど何でも結構です。 勿論、ベンチャーのテクノロジーこそウェルカムです。 もう直ぐ、【前回体験した】、この写真のように日本技術に群がるメディアを沢山集めたいです。


♯ご連絡は下記の何れでも結構です。icon16icon30icon29



同じカテゴリー(アメリカ進出)の記事
難易度MAXなリサーチ
難易度MAXなリサーチ(2017-10-22 20:18)


Posted by I.T.A., Inc., President, Shin Kishioka・岸岡慎一郎 at 22:12 │アメリカ進出