2011年09月03日

グローバルSCM



現在、ニッチ少量ながら7ヶ国との貿易をお手伝いしております。

最近では、設備やシステムのモジュール・コンポーネント・材料の不足や調達難により減産に直面する、サプライチェーンの課題についてよく相談をいただくようになりました。

グローバルSCMが激変してきていて調達難に直面している現象をアップしましたが、これはただ単に事業上の在庫管理やポリシーの変化やSCM/ERPシステムによる川上から川下までの過剰合理化、メーカー・商社・販社の対応政策の変更だけが要因ではありません。

設備投資手法(他所の国から設備を事業会社に供与)、設備そのもののグローバル化・ローカル化(設備の生産はグローバル化、MRO部品などはローカル化)、政府ライセンスに基づく現地生産(中国政府からライセンス供与を受けて複数メーカーが同じ設備を生産)、など根深い問題が沢山山積してきています。

調達品手配は可也の難易度が高く、調査力が要求され各国の皆様の会社の社員方々の多大な時間コストが要求されつつあります。 これらのソリューションを提供しております。 まだまだ当課題の続編をアップしてまいります。






同じカテゴリー(仕事)の記事
30th ANNIVERSARY
30th ANNIVERSARY(2017-05-07 23:18)

Congratulations!
Congratulations!(2017-02-05 23:13)

4DX Rogue One
4DX Rogue One(2017-01-01 23:22)

カンパニー・ランチ
カンパニー・ランチ(2016-12-11 13:46)


Posted by I.T.A., Inc., President, Shin Kishioka・岸岡慎一郎 at 09:40 │仕事