2010年09月07日

ソーラーブロンズ・フィルム



9月に入っても日本はまだまだ暑い日が続くようですね。
どうか御身体をご自愛ください。 

さて、そんな残暑が厳しい中、商用ビルや工場のウィンドウ用の特殊フィルムの導入状況の驚くべきご連絡がありました。 室外との類似環境下でのウィンドウフィルムでセパレートした温度差が10℃も出ました!と驚嘆の声。 フィルム導入後、1年も経過しつつも尚も劣化することがなく効果を発揮し続けている点にも驚かれていました。

年々、暑さが激化する昨今、熱対策やサーマル制御の技術導入が高まってきています。 そんな目的に偉大な効果を発揮するウィンドウフィルムで熱効率対策をご検討ください。







同じカテゴリー(アメリカ新商品・新技術)の記事
シカゴの西やん
シカゴの西やん(2017-07-23 23:02)

INNOVATION LEADERS SUMMIT
INNOVATION LEADERS SUMMIT(2017-07-09 23:52)

『ガイアの夜明け』
『ガイアの夜明け』(2017-01-15 22:38)

IOT-Product Release
IOT-Product Release(2017-01-14 22:03)


Posted by I.T.A., Inc., President, Shin Kishioka・岸岡慎一郎 at 23:16 │アメリカ新商品・新技術
この記事へのトラックバック
 SUN BLOCK 窓フィルムシカゴも連日30℃台で暑さも厳しくなってきております。さて、夏季に向けて電力の需給バランスが悪くなる懸念や、地震発生時でもガラスが飛び散らないために飛...
日本の暑さから守れ!【アメリカとビジネスしよう!】at 2011年06月03日 02:26