2010年07月25日

空飛ぶロボット



京都 → 東京、成田空港からシカゴへ。
お会いさせて頂きました日本の700名以上の方々、本当に有難うございました。icon26

  古いWSJを読んでいたら、空飛ぶロボットの記事が。 時として、空港上空にて飛行機のエンジンに鳥が巻き込まれてしまうことがあるようですが、そんな問題を解決してしまうんでしまうソリューション。
空港当局の人たちがこういうロボットを空港上空に目掛けて飛ばし続けるのか、と。

さまざまな高度な技術やデジタル化が普及しようとも、マニュアル・アナログ的に空に鳥のロボットを飛ばす人たちの姿や直向さを見ると少しホッとするのは私だけでしょうか。

shin_mat >>> なんつーか、マルでもバツでもないみたいな命題が、世の中的にも増えてきてるから、みんなあんまりディベートしなれてない、ってのが今後なんだかジワジワ効いてくるかもなー、なんて思う。>>> 仰る通りで、更にはその辺のスピード感と広がり感が二乗や四乗で効いてくんじゃねーのかともひしひしと感じられちゃうが故に戦々恐々としてしまうわけでして。







同じカテゴリー(アメリカ新商品・新技術)の記事
シカゴの西やん
シカゴの西やん(2017-07-23 23:02)

INNOVATION LEADERS SUMMIT
INNOVATION LEADERS SUMMIT(2017-07-09 23:52)

『ガイアの夜明け』
『ガイアの夜明け』(2017-01-15 22:38)


Posted by I.T.A., Inc., President, Shin Kishioka・岸岡慎一郎 at 03:02 │アメリカ新商品・新技術
この記事へのコメント
マニュアル・アナログ的に空に鳥のロボットを飛ばす人たちの姿や直向さを見ると少しホッとするのは私だけでしょう
Posted by schmuck at 2010年07月26日 11:13
ねーのかともひしひしと感じられちゃうが故に戦々恐々としてしまうわけでして。
Posted by ed hardy hoodies at 2010年07月26日 11:13