2010年07月15日

英語が公用語



シカゴ → 千葉 → 長野 → 東京 → 名古屋 → 東京都内をぐるぐるぐるぐる。

さて、最近の日本ではごくごくふつうに英語での会議の機会が増えてきています。 グローバル化の一歩ではありますね。

ただ、『英語、英語って言うが社内ではどうも巧くいっていない』、とのご相談をいただきます。 "ツールとしての英語だけではなく、考え方がグローバル化に対応できていないと意味が無い"ですね。 考え方を変えないと、何だっつってこんな1ℓマグなんかを飲むのかもわからないのです。

是非、出来るだけ(日本国内に居る外国の方々だけではなく)世界中のさまざまな仲間を増やしましょう。 参院選挙も終わり、2016年までのニッポンが政治だけでなくビジネス社会においても変貌を遂げることを信じております。







同じカテゴリー(国内海外出張)の記事
アメリカ市場参入
アメリカ市場参入(2017-02-26 23:01)

Supplier Diversity Team
Supplier Diversity Team(2016-08-13 19:28)

MISHIGAMAA SPRING
MISHIGAMAA SPRING(2016-05-15 23:59)

Hoosiers
Hoosiers(2015-10-17 19:08)


Posted by I.T.A., Inc., President, Shin Kishioka・岸岡慎一郎 at 23:58 │国内海外出張
この記事へのコメント
でも、ランニングマシーンはアメリカ製にて使いやすく、しかもユニット毎に地デジスクリーン付、初心者は赤バンドつけていればトレイナーたちがサポートしてくれますし、マシン毎には清掃タオル付で便利な面も沢山ありました。 
Posted by pandora at 2010年07月23日 17:49
なるべく日本の素晴らしさを満喫したいです。 (ゴルフへ行こうにも仲間のTATさんがドッキリばりのゴルフ場の穴に落ちて大骨折。) そして、本当は私がメタボばく進中でして、来月のシカゴトライアスロン参戦が不安で仕方ないのですが。
Posted by ed hardy bottoms at 2010年07月23日 17:50