2010年02月10日

『23℃で凍る壁』



23℃で凍る壁』、このアメリカ製のバイオフェーズチェンジ素材を弊社で日本市場へ展開します。

普通は0℃で凍ります。 ・・が何とっ外部の温度変化に応じて23℃融点のバイオ素材が擬古・溶解を繰り返して内部の気温変化を緩和、省エネに寄与してくれる素材。 もちろん、壁材以外の膨大な用途に応用が可能な素材ですね。









同じカテゴリー(アメリカ新商品・新技術)の記事
シカゴの西やん
シカゴの西やん(2017-07-23 23:02)

INNOVATION LEADERS SUMMIT
INNOVATION LEADERS SUMMIT(2017-07-09 23:52)

『ガイアの夜明け』
『ガイアの夜明け』(2017-01-15 22:38)

IOT-Product Release
IOT-Product Release(2017-01-14 22:03)


Posted by I.T.A., Inc., President, Shin Kishioka・岸岡慎一郎 at 10:24 │アメリカ新商品・新技術
この記事へのトラックバック
外気の温度に応じて、特定温度(23℃、25℃、27℃など)固まったり溶けたりするバイオ素材が断熱材を補完する商材としてアメリカにて注目されています。 Phase Change Energy、潜熱蓄熱材。...
ニッポンを外気から守れ【アメリカとビジネスしよう!】at 2011年06月18日 03:41
この記事へのコメント
逆に言えば23℃で融ける壁ですね。融点を調節できるとのことなので、熱交換システムでのヒートバッファにも使えそうです。
Posted by 株式会社ブラスト株式会社ブラスト at 2010年02月10日 10:36
ブラストさま

アイディアをありがとうございます。 
当面は商用化されている本筋の建築断熱分野に特化するようですが将来はいろいろなアプリに導入されたいと願っています。今後ともご指導ください。
Posted by I.T.A., Inc.I.T.A., Inc. at 2010年02月16日 12:22