2007年01月13日

『シカゴと日本経済!』

34933.jpg 年間取扱高、約7京6000兆円。
CME(Chicago Mercantile Exchange)、米国最大のシカゴ商業取引所、世界の先物市場・オプション市場を24時間稼動し、主に、金利・株価指数・外国為替、及び農業品といった4つの分野において提供している。上図、シカゴ先物市場のCMEの株価動向です。凄いですよね。 日本の投資家の方々から、見てるでしょ?と。 凄いことになってるよね、と。 ?? 勉強します。

S&P500先物平均やナスダック100株価指数、及び、日経平均先物が取引されてます。従って、シカゴ先物市場をみていると日経株価の前場をみているのと同じ市況を捉えることができることが多々あります。日経225株価なので、日経平均にも大きな影響を与えます。シカゴ日経先物が日本経済や株価に大変重要な意味をもっています。 世界動向を少し理解しながら、先見の目を養うのにも大切ですね。
シカゴ先物市場取扱銘柄一覧
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――― ブログランキングの応援(下記リンクのクリック)をお願いします!
日経経営ブログランキング / 人気blogランキング / ランQ / にほんブログ村 / BIZ BLO RANK / 真田社長ブログへの逆アクセスランキング
mixiにも居ますので声をかけて下さい。 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――― アメリカとビジネスしようブログのTOPに戻る アメリカの情報と技術、ITA, Inc. アメリカから予測する次のビジネストレンド日本製品をアメリカで販売する


同じカテゴリー(・・・)の記事
Thank you!
Thank you!(2011-11-15 20:59)


Posted by アメリカ・シカゴ I.T.A., Inc., President, Shin Kishioka・岸岡慎一郎 at 06:41 │・・・
この記事へのコメント

ニューーヨークとかが金融の中心のように感じるけど
シカゴもそんな重要だったんですね
デトロイトとか工業の町が近いからかな
Posted by 中古車輸出業の無料資料集 at 2007年01月22日 12:38