2018年10月14日

アメリカの最新F.I.R.E.

この職場環境の素晴らしさは現場に実際に来ないと分かりません。(全参加者談)
本巻末に記載しますがF.I.R.E.、これからのアメリカでの働き方の全てが凝縮されています。
アメリカでの10時間を超える最新採用試験(①~⑦参照)について触れましたが、大きな働き方改革が起きています。

シカゴのIT系ベンチャーですが現在は300人弱ですが1,000人まで一気持っていくとのことで、ソフトバンクも早々に投資を決定しています。

また、弊社が販売・技術サポートをさせて頂いているASPROVAやサイボウズのKINTONEも同社サービスを利用しています。

このベンチャー企業はアメリカの40億ドル市場に位置付けられており、最新最先端の働き方を促進しております。

いま、こうして今後の同社との付き合い方の可能性を話しながらタイプしております。

☆勤務時間の自由選択・決定
☆週4日間朝食とランチは無料
☆キッチンでのドリンク類(種類も)無料
☆パワーブック、BOSE、ジム、等々支給

驚いたのは入社初日から10日間は40種類を超えるアプリを設定に時間とリソースを投下。


更に驚くのはここからで、




社員は勿論35歳以下で特に20代の社員が大半で、入社して10日間はひたすら使用する40以上のアプリの導入設定にリソースを投下する。

そして、社内では殆どEメールは使用せず、また会議でも打合せで電話でもメモはとらずにZoom等にて全ての会話を録音。裏では自動書き起こし機能と連動してキーワード検索がテキストで出来る仕組みになっています。それにより、どこからが重要なキーワードが反復されていて、聴くべきなのか頭出し検索ができます。

この電話会議でも営業電話でも全ての録音を他の社員が聞くことでパフォーマンスの良い社員の手法を自己習得していくのだそうです。それでも、やはりアメリカではヒトが全てです。


アメリカのF.I.R.E.(Financially Independent Retire Early: 経済的に独立しており早期退職をする)がこれからの若者たちの働き方の主流になるのだ、と。

共働きで2,000万円くらいの年収で稼ぎ、日々の生活は年間800万円くらいに抑えて35歳くらいで退職する。そして、そこからはフリーランスや起業で更に自由度の高い働き方に移行するという時代の突入です。この会社の職場環境や企業文化や風土はやる気を起こさせるとともに大変に感動的な体験を致しました。我々も日々カイゼンです。

また一気にビジネス界の雰囲気が激変してまいります。私はF.U.R.L.です・・・が、弊社でのアメリカの技術商社としての職場や仕事の仕方についての取組方を考えさせられます。

-----------------------------------------------------


日経テクノロジーに第一弾第二弾『第三弾』『第四弾』をご掲載いただきました。icon12
我々、アメリカでもがいている大先輩、仲間の皆さんとともに自戒編としてもよく話をしている内容です。
[ I.T.A., Inc. - MEDIA ] br> 本対談シリーズは、
日経テクノロジー X リンカーズ X I.T.A. 
日本再発進にて僭越ながら 『 対談 』 をさせていただきました。
ご関係者の皆さま方々へ改めて御礼を申し上げます。icon12


-----------------------------------------------------

アメリカビズシーズの寄稿も御覧ください:




<海外進出支援の出島>海外ビジネスコラムもご覧ください


弊社では、アメリカでのインターンシップを通じて、スーパーグローバルハイスクールやスーパーグローバルユニバーシティをアメリカはシカゴを中心にサポートしてまいります!

| 商社 | リサーチ・マーケティング | アメリカ進出支援 | テクノロジー |
|マイノリティーカンパニー MBE|



アメリカ事業サポーター
『ニッポンのアメリカ事業部』
・アメリカ製品・技術調達/輸出
・アメリカ市場調査/情報収集
・業務委託型ビジネス支援
・アメリカ連絡事務所代行
・アメリカ進出企業のIT支援
・テクノロジー総合サービス
・スマートインキュベーション・バーチャルオフィス
・アメリカでのインターン支援
・マイノリティーカンパニー
アメリカでのCSR向上、サプライヤーダイバーシティ・インクルージョンプログラムの加速化支援、ならびにエンプロイーリテンション・人材維持の向上支援サービスなど。



#サプライヤーダイバーシティ #マイノリティカンパニー #アメリカ商社 #IoT #リサーチ #コンサルティング

同じカテゴリー(アメリカの流行)の記事
MENTEES
MENTEES(2017-10-09 14:08)

世界のワオとホワイ
世界のワオとホワイ(2017-08-13 22:15)

TOFUGU JAPAN
TOFUGU JAPAN(2017-06-25 22:03)

Artificial Intelligence
Artificial Intelligence(2017-05-21 23:59)


Posted by アメリカ・シカゴ I.T.A., Inc., President, Shin Kishioka・岸岡慎一郎 at 08:05 │アメリカの流行アメリカ進出アメリカアメリカ情報技術室