2018年05月20日

日米捻じれ大ギャップ

引き続き日本からのアメリカ市場進出・参入企業のご相談が増えております。
日米のサービス(人件費)と製品コストのそれぞれのギャップが逆転しています。

時間コストは日本が安すぎるために(年収比:20代、30代、40代で20%~200%+差ですが感覚的には更に大きいギャップ)、アメリカでのマーケティングや販売面などにコスト高に直面し、製品コストはアメリカの価格競争(消費財はアメリカが割高なのに、アメリカに進出していない日本製品の産業用製品価格はアメリカ製品と比較して30%~250%高い)に参入できないという捻じれは大変にやっかいです。

今週、特に新規でアメリカ市場に参入する際には新たに進出している企業方々とじっくり話をしましたら、


全く違うマーケティングの必要性が判明しました。『進出日本企業はアメリカ市場がマーケティング・販売対象となるものの、最終仕向け地はアメリカ市場向けではない』、という大変に理にかなった捻じれマーケティングに辿り着きました。詳細はまた追々ご案内いたします。

-----------------------------------------------------


日経テクノロジーに第一弾第二弾『第三弾』『第四弾』をご掲載いただきました。icon12
我々、アメリカでもがいている大先輩、仲間の皆さんとともに自戒編としてもよく話をしている内容です。
[ I.T.A., Inc. - MEDIA ] br> 本対談シリーズは、
日経テクノロジー X リンカーズ X I.T.A. 
日本再発進にて僭越ながら 『 対談 』 をさせていただきました。
ご関係者の皆さま方々へ改めて御礼を申し上げます。icon12


-----------------------------------------------------

アメリカビズシーズの寄稿も御覧ください:




<海外進出支援の出島>海外ビジネスコラムもご覧ください


弊社では、アメリカでのインターンシップを通じて、スーパーグローバルハイスクールやスーパーグローバルユニバーシティをアメリカはシカゴを中心にサポートしてまいります!

| 商社 | リサーチ・マーケティング | アメリカ進出支援 | テクノロジー |
|マイノリティーカンパニー MBE|



アメリカ事業サポーター
『ニッポンのアメリカ事業部』
・アメリカ製品・技術調達/輸出
・アメリカ市場調査/情報収集
・業務委託型ビジネス支援
・アメリカ連絡事務所代行
・アメリカ進出企業のIT支援
・テクノロジー総合サービス
・スマートインキュベーション・バーチャルオフィス
・アメリカでのインターン支援
・マイノリティーカンパニー
アメリカでのCSR向上、サプライヤーダイバーシティ・インクルージョンプログラムの加速化支援、ならびにエンプロイーリテンション・人材維持の向上支援サービスなど。



#サプライヤーダイバーシティ #マイノリティカンパニー #アメリカ商社 #IoT #リサーチ #コンサルティング

同じカテゴリー(アメリカ進出)の記事
アメリカでの販売力
アメリカでの販売力(2018-04-01 22:40)

アメリカ認証
アメリカ認証(2018-02-04 20:11)


Posted by アメリカ・シカゴ I.T.A., Inc., President, Shin Kishioka・岸岡慎一郎 at 23:56 │アメリカ進出アメリカアメリカ製造業