2018年02月18日

クアルコム本社のラテ・アート

日本でも日経新聞(など)をはじめメディアを賑わしておりますクアルコム本社に行ってまいりました。

同社役員面談が奇跡的に決定したのは前夜からの協議・調整で8時間後の早朝。アナハイムからサンディエゴまでの5人での弾丸でした。同社のステルス新設された会社が漸く正式ローンチしてました。チップメーカーが。

アメリカのフォーチュン企業の多くのスタートアップはステルスでローンチしています。一見、元幹部が無職や起業家になったようなプロフィールになっていたりしてスルーしがちですが。日本の技術をもってアメリカの医療・ライフサイエンスプラットフォームに貢献していければと思います。

両社ニーズやタイミングとしてはドンピシャの会議ではありましたが、なによりも感動したのはランチ後に場所を変えて御馳走になった格別なラテでした。南カリフォルニア最高ラテ説はあたっていました。

クアルコムもそうですが、一つ一つが陰では沢山の方々が協力してエンドースしてくれて実現した機会でした。この最先端をいかれる希少なアメリカのレベルファイブな方々・・・今後のアメリカでのビジネス推進手法は知恵を絞らなければなりませんが、エンドーサーたちからの御礼・恩返しのお題も沢山いただいておりその取組も重要です。




クアルコムのプレゼンを伺って改めて感じましたが、

♠♠♠アメリカでの各種ビジネスプラットフォームにジョインできないとビジネスにならない時代の到来♠♠♠

かもしれません。技術とコネクティビティのIoT・IoMTが中心となり、それほどに取引形態はタイトで密接な環境となってまいります。

そして何よりもアナハイムで立ち寄ったスタジアムでの

大谷選手の日本語と英語の巨大垂れ幕に大きな勇気を頂きました。マイノリティを盾に幅広い業界のフォーチュン企業に入り込んでまいります。

カリフォルニア出張は本当に思い出せないほどに久しぶりでした。シリコンバレーはじめインテル、アップル、テスラ、アドビ、グーグルおよびベンチャー企業をはじめとする沢山の企業の仲間達ともご無沙汰してしまっております。。。

-----------------------------------------------------


日経テクノロジーに第一弾第二弾『第三弾』『第四弾』をご掲載いただきました。icon12
我々、アメリカでもがいている大先輩、仲間の皆さんとともに自戒編としてもよく話をしている内容です。
[ I.T.A., Inc. - MEDIA ] br> 本対談シリーズは、
日経テクノロジー X リンカーズ X I.T.A. 
日本再発進にて僭越ながら 『 対談 』 をさせていただきました。
ご関係者の皆さま方々へ改めて御礼を申し上げます。icon12


-----------------------------------------------------

アメリカビズシーズの寄稿も御覧ください:




<海外進出支援の出島>海外ビジネスコラムもご覧ください


弊社では、アメリカでのインターンシップを通じて、スーパーグローバルハイスクールやスーパーグローバルユニバーシティをアメリカはシカゴを中心にサポートしてまいります!

| 商社 | リサーチ・マーケティング | アメリカ進出支援 | テクノロジー |
|マイノリティーカンパニー MBE|



アメリカ事業サポーター
『ニッポンのアメリカ事業部』
・アメリカ製品・技術調達/輸出
・アメリカ市場調査/情報収集
・業務委託型ビジネス支援
・アメリカ連絡事務所代行
・アメリカ進出企業のIT支援
・テクノロジー総合サービス
・スマートインキュベーション・バーチャルオフィス
・アメリカでのインターン支援
・マイノリティーカンパニー
アメリカでのCSR向上、サプライヤーダイバーシティ・インクルージョンプログラムの加速化支援、ならびにエンプロイーリテンション・人材維持の向上支援サービスなど。



#サプライヤーダイバーシティ #マイノリティカンパニー #アメリカ商社 #IoT #リサーチ #コンサルティング

同じカテゴリー(アメリカ進出)の記事
アメリカでの販売力
アメリカでの販売力(2018-04-01 22:40)


Posted by アメリカ・シカゴ I.T.A., Inc., President, Shin Kishioka・岸岡慎一郎 at 21:11 │アメリカ進出Japan Technologyマイノリティカンパニー戦略・提携アメリカ製造業