2018年01月21日

アメリカの一流のお礼

誰も入ることが許されない開かざるの間に案内されました。

アメリカの一流の御礼参り。
『お世話になった方々への御礼プランニングをして、キチンとお迎えに行って、御礼をする場までお連れして丁寧に最上位のお返しするのですよ。』 

まさしく、こちらの雑誌に掲載頂いたアメリカの中西部での御礼行脚が続きます。たしかに恩師や恩人が三桁の人数になってまいりますとややキツイのは事実ですが。




アメリカの御礼はよりパーソナルな領域に踏み込んだ実践になり、相手の方が本当に喜ばれる工夫に集中します。経営陣が相手の方のことを徹底的に研究もして、どの様なお礼方法、流れが好まれ喜ばれるかかなり深堀してリハをしたりしながら追及します。公私で役にならせていただくというお返しの御礼も勿論大切です。アメリカの一流の方々の御礼も本当にやることなすこと丁寧で驚かされます。

また、以前、ご報告をいたしました、アメリカの会員制クラブ、ワールドプラチナクラブにも承認いただきました。こちらもそうですが、アメリカでエンドースしてくださった方々は感謝しきれない恩人・恩師方々ばかりです。

また、この恩人や恩師たちの傾向も変わりつつあります。アメリカでの新たな技術や発明をティーンたちが実施しており、子供のような人たちが恩師になりつつもあります。

どうしても御礼よりも宜しくお願いします色が強くなってしまって日々反省です。宜しくお願いします、及び、これからお世話になります、に対する御礼もアメリカでも理解されます。

皆さまもこちらの利益に一切ならないお願いが沢山くるかと思いますが、お願いされてお礼をするアメリカ人たちが居たり、様々なシーンでの様々なお礼の方法や心の込め方がヒトによって随分と違いますね。大乗利他とはいいながらも、様々な方々の実践を鏡に省えりみた実践を続けることは大変に難しいもので修行です。

タイミングや内容もさることながら、アメリカの奥深さはかなりなハードルですが、一歩一歩乗り越えていかねばなりません。1970年からアメリカにおりますがまだまだアメリカでは初心者マークです。



-----------------------------------------------------


日経テクノロジーに第一弾第二弾『第三弾』『第四弾』をご掲載いただきました。icon12
我々、アメリカでもがいている大先輩、仲間の皆さんとともに自戒編としてもよく話をしている内容です。
[ I.T.A., Inc. - MEDIA ] br> 本対談シリーズは、
日経テクノロジー X リンカーズ X I.T.A. 
日本再発進にて僭越ながら 『 対談 』 をさせていただきました。
ご関係者の皆さま方々へ改めて御礼を申し上げます。icon12


-----------------------------------------------------

アメリカビズシーズの寄稿も御覧ください:




<海外進出支援の出島>海外ビジネスコラムもご覧ください


弊社では、アメリカでのインターンシップを通じて、スーパーグローバルハイスクールやスーパーグローバルユニバーシティをアメリカはシカゴを中心にサポートしてまいります!

| 商社 | リサーチ・マーケティング | アメリカ進出支援 | テクノロジー |
|マイノリティーカンパニー MBE|



アメリカでのCSR向上、サプライヤーダイバーシティ・インクルージョンプログラムの加速化支援、ならびにエンプロイーリテンション・人材維持の向上支援サービスなど。


#サプライヤーダイバーシティ #マイノリティカンパニー #アメリカ商社 #IoT #リサーチ #コンサルティング

同じカテゴリー(アメリカ進出)の記事
アメリカ認証
アメリカ認証(2018-02-04 20:11)


Posted by アメリカ・シカゴ I.T.A., Inc., President, Shin Kishioka・岸岡慎一郎 at 20:05 │アメリカ進出アメリカ仕事メディア地域貢献大統領直轄イニシアチブ