2017年06月11日

アップランドサウス

胸囲130㎝たち相手にメインプレゼンターとして
アメリカのアップランドサウスに出張してまいりました。

ディープサウスの別のお客様ともこのアップランドサウスのお客先で合流しました。

前日は夕方から写真の方々と4人で近況報告、翌日の話すポイントや順番、誰がどこで突っ込んで補足するかなど、さらりと遣り取りする中での阿吽の呼吸感を擦り合わせる。やはりアメリカは綿密過ぎます。。。(汗) いつもながらとは雖も、まさに世界の全ての党派が集ったような”場”でのプレゼンと商談は相当に痺れます。日本からアメリカ進出される産業用製品のメーカーさまは、先ずは日本の集積地である刈谷と浜松エリアの二地域で売りまくってからアメリカへ参戦されると宜しいかと思います。特に製品のユニークなアプリケーションや効果、現地でのサポート体制の提携先は重要です。

前日ミーティングには完全にピエロ役で参上しましたが(またアメリカの南部訛りにも相当自信あり)、そこで薄っすらアイスブレークしたつもりが、ちょっとしたアメリカ人の真剣スイッチが入り、、、変化球でこられたら忽ちに斬られます。この、斬られる、ということが極めて重要だと思っています。この写真の方々との会食(いまだ5回ほど程度ですが)は肉はゼロというのも驚きです。(これもアメリカの変貌ぶりを物語っています) 

2万人以上の会社の幹部の方を前に・・・何なんですが、アメリカの製造業を支えて下さる方々は本当に凄い方々です。そして、我々をグループ会社の新規口座開設に翻弄してくれていた影なる努力を知り、日本人はフィンガーボールの水を美味い美味いと飲んでいるKYぶりではあかんぜよと改めて。。。また、真剣にアメリカ市場に参入しようとおもうならこういう方々(特にアップランドやディープサウスの)とは毎日、世間話をしないとなりません。
さて、今週は更にディープサウスやアップランドサウス、ブルーグラスからもご来訪があります。


最近では、

レッドウッドカーテンの向こう側やローンスターが日本との接点としても我々とのタイアップ関与が深まり始めており、これからは管轄権や従来ネットワーク層の垣根を超えた取組強化が求められている時代に感じております。アメリカのハートランド、シカゴの変貌ぶりに驚いていたら間違いで、本当の驚きはアメリカの前述の地域の方々の変貌ぶりなのです。

来週末はワシントンDCにて政府支援のアメリカ進出、セレクトUSAの大型イベントが開催されます。日本のプレゼンスの支援家たちを少しでも増やすことにつながればと思います。





<海外進出支援の出島>海外ビジネスコラムもご覧ください


弊社では、アメリカでのインターンシップを通じて、スーパーグローバルハイスクールやスーパーグローバルユニバーシティをアメリカはシカゴを中心にサポートしてまいります!

| 商社 | リサーチ・マーケティング | アメリカ進出支援 | テクノロジー |
|マイノリティーカンパニー MBE|



アメリカでのCSR向上、サプライヤーダイバーシティ・インクルージョンプログラムの加速化支援、ならびにエンプロイーリテンション・人材維持の向上支援サービスなど。




同じカテゴリー(アメリカ)の記事
MENTEES
MENTEES(2017-10-09 14:08)

シカゴの西やん
シカゴの西やん(2017-07-23 23:02)


Posted by I.T.A., Inc., President, Shin Kishioka・岸岡慎一郎 at 23:05 │アメリカマイノリティカンパニーアメリカ製造業