2017年04月02日

アメリカで初のIIoT導入

アメリカはマーチ・マッドネスを経て、既に4月でもうファイナル・フォーのシーズンなのですね。 巷では最高に盛り上がりをみせており、今シーズンのゴンザガの快進撃が大注目ですね。

さて、アメリカでやや大規模なIIoTを初めて自動車メーカーサプライヤーに導入となりました。今回のコラボは5社でした。

Meiji Corporation x TOYO Engineering g-en-b x PATLITE x Calsoft x ita

PATLITE上からのシグナルによる稼働状況や異常を可視化。この様なコラボの掛け算がどんどんと増えてくると思います。 

また、先週はミネソタの水処理技術展にクライアントが出展、今週からは北米最大の自動化のオートメート展がシカゴで開催されこちらにもクライアントが出展します。何れの展示会でも多くのIIoTが注目されていました。今年1月には、

弊社も生産設備の稼働率を可視化できるIoT製品リリースを発表、こちらも自動車サプライヤーにて検討をいただいております。2月にはアメリカのIoT動向の委託調査レポートをまとめました。日本勢の市場リリースだけでなく現場での活用の実践が遅れないように推進されることを願っております。

ABEAM Consulting | ASPROVA | Cybozu | Enspirea | LINKERS | PS | TEKWISSEN  、その他の沢山のテクノロジー関連の提携連携先のみなさま今後ともよろしくお願いします。 



<海外進出支援の出島>海外ビジネスコラムもご覧ください


弊社では、アメリカでのインターンシップを通じて、スーパーグローバルハイスクールやスーパーグローバルユニバーシティをアメリカはシカゴを中心にサポートしてまいります!

| 商社 | リサーチ・マーケティング | アメリカ進出支援 | テクノロジー |
|マイノリティーカンパニー MBE|








同じカテゴリー(アメリカの流行)の記事
MENTEES
MENTEES(2017-10-09 14:08)

世界のワオとホワイ
世界のワオとホワイ(2017-08-13 22:15)

TOFUGU JAPAN
TOFUGU JAPAN(2017-06-25 22:03)

Artificial Intelligence
Artificial Intelligence(2017-05-21 23:59)