2016年11月27日

アメリカでM&A





ニッポン企業が大きく変わってきていると感じます。

アメリカ進出の相談が大変に増えてきていますが、
相談に際して即ビジネスイン、というパターンも増え、
アクセレレートするディシジョンメイクに感動してます。

尚且つ、中堅中小企業もアメリカ企業の買収やJVを
目指す進出形態が増えてきております。この点が最も
大きな変化です。

M&A候補のプレF/Sをはじめ、ターゲット企業や技術
ホルダーのリサーチや裏取りなど、どうしても当地に
いながらしてステルスで実施しなければなりません。

そして、アメリカがここまで




完全雇用に近い経済活動を推進していくこととなると、
金利格差、デフレ格差、雇用格差、などをはじめとして、
雇用の奪い合い・競争、リソース劣化、ならびに投資先
がますます割高になってまいります。どうしても、いまが
唯一のチャンスとなるかと思います。

アメリカでの投資先やM&A先、JV先の内外面からの、
脆弱性やベンダー・取引先・業界専門家など多面的に
ヒアリングを実施します。内部の一部の人間が離脱した
場合のリスク分析なども重要です。が・・・・最も驚かれる
のはこれほどに競合先があるのかという点でもあります。
形態をかえ、また用途や業態をかえた形での間接競合。

いずれにしても、各社アメリカ企業に対して・・・・・
アメリカでの商談や交渉は一歩も二歩も練り込む必要が
あり
ますのでお手伝いをさせて頂いております。
近々にオンラインアドバイザリーサービスが政府機関から
ジョイントでスタートいたします。

グローバル市場の需要の軸を見ようとするなら、そして、
市場参入を【投資】の位置づけとして真剣に考える企業
が闘う戦場と化してきております。

中堅・中小企業様でまだプリミティブな段階の場合の軽い
リサーチはジェトロのメール相談
をご紹介しております。
無償ですし、アウトプットの要旨報告をご覧頂けるとポイントを
ご理解頂くことができます。

更には、ターゲット企業のコンプライアンス関連のアセスメント、 アメリカでの製造現場における環境規制・労働安全基準 のレベルについても審査をするサービスと連動して忙しくなってまいります。

また、アメリカでのM&Aや投資ビジネスを専門としている仲間たちの企業との連携や提携を強化していく所存です。

既存のトレード関連の商社業務からは、やはり市場動向を学ぶ上で重要ですし、アメリカで商売をしていく上でアメリカの役に立つというCSRが更に求められていくこの時代においてバランスよく継続していく必要があります。

アメリカから日本へ輸出しているのは特殊なものばかりです。 取扱い品目リストはどんどん長くなるばかりですが、下記を御参照ください。

特殊化学品、特殊フィルム、特殊電子ガラス、マテハン機器、特殊紙、建機・建設関係機器、封入機械、産業機械、計測機器、印刷関連機器、商材、特殊素材、特殊革生地、特殊プリンター、リチウムイオン充放電試験装置、モスアイ素材、雑貨、レンタル・イベント用品、特殊オイル吸着マット、バッテリー用・ハーネス用クリンパー機、製鉄所関連設備、特殊石材、特殊原料、コレステロール原料、液晶材料、新素材、MRO製品、特殊インキ、セキュリティ商材、リテール関連商品、ソフトウェア、フレキソ洗浄不織布、産業用針、環境関連・遮熱窓フィルム、省エネ・バイオ潜熱蓄熱材、アンティーク家具、楽器、酸洗タンク・スキッドキャップ、超音波洗浄器、ゴム版カッター機、ホログラム原版・シム、破砕機・減量機、装飾フィルム、及び、これらの関連・周辺機器・部品、ETC.  主要顧客、メーカー、専門・総合商社、代理店など。 (つまり、食品・医療・医薬、アパ以外の殆どをお手伝いしております。)



<海外進出支援の出島>海外ビジネスコラムもご覧ください


弊社では、アメリカでのインターンシップを通じて、スーパーグローバルハイスクールやスーパーグローバルユニバーシティをアメリカはシカゴを中心にサポートしてまいります!

| 商社 | リサーチ・マーケティング | アメリカ進出支援 | テクノロジー |
|マイノリティーカンパニー MBE|








同じカテゴリー(アメリカの流行)の記事
MENTEES
MENTEES(2017-10-09 14:08)

世界のワオとホワイ
世界のワオとホワイ(2017-08-13 22:15)

TOFUGU JAPAN
TOFUGU JAPAN(2017-06-25 22:03)

Artificial Intelligence
Artificial Intelligence(2017-05-21 23:59)


Posted by I.T.A., Inc., President, Shin Kishioka・岸岡慎一郎 at 05:17 │アメリカの流行アメリカ進出商社業