2015年12月05日

3 Min. + 23 Min.

No Thanksgiving & No Weekend.....
Working 7 days straight til today.
2015 RSNA is now over, but even I am filled with all of the meetings on the every hours of weekends and find this article a reality.

"Workplace Distractions: Here's Why You Won't Finish This Article" by WSJ
Office workers are interrupted—or self-interrupt—roughly every three minutes, academic studies have found, with numerous distractions coming in both digital and human forms. Once thrown off track, it can take some 23 minutes for a worker to return to the original task, says Gloria Mark, a professor of informatics at the University of California, Irvine, who studies digital distraction.
It is the time that the management and we do something about this common issue today. Twitter allows 140 letters based on Haiku, and Vine allows 6 seconds of clops, and things are only shortening now. 50% of Uber's drivers worldwide work 10 hours or less per week. Only 10% of TaskRabbit's workers are full-time and these will spread as a common work style. Also, as things get automated, how do you communicate and work effectively?

サンクスギビングもなく、週末もなく毎日午前様で奔走中です。
RSNAも同時開催にて今年の40名のチームで動いてもいました。

さて、ちょっと前のこのウオールストリートの記事を痛感する今日この頃です。 日々、加速的に忙しさは増し、目まぐるしい状況ですが、一般的な従業員でも毎3分に邪魔が入り、本来の業務に戻るのに23分程度を要するという研究報告があります。本当に今回も様々な方々と話をしていて、邪魔し合っているのではないかと思うほどに互いに様々な邪魔が入ります。 邪魔が入るばかりならまだしも、思考を低下させている症状も散見されるのが問題だと思います。

今後はこの様な重要なイッシューを

どのように克服して解決をしていくのかがポイントとなります。アメリカの若者達の間で大人気なVineは6秒のビデオクリップのアップをしますが、膨大なデータ量を避けるために6秒という意味合いもありますが(1秒も検討されたほど)、より重要なことは最適時間の短縮化でもあると思うのです。ツイッターの140文字はもともとは俳句に魅了された創業者が俳句の世界から産出したものですが、書いたり・読んだりも追い付かなかくなってきており、Vineの様な動画がコミュニケーションの主流となります。

1-3秒で相手に訴えないとならないばかりか、3分以内(これからの時代は1分)に纏めないと邪魔が入る為に、よほどの業務や事業効率化の進化が問われてくる時代です。

本日、RSNAが無事に盛会にて閉会・・・・・後に900kmほどのミシガン出張中です。



弊社では、スーパーグローバルハイスクールやスーパーグローバルユニバーシティをアメリカはシカゴを中心にサポートしてまいります!

| 商社 | リサーチ・マーケティング | アメリカ進出 | テクノロジー |
|マイノリティーカンパニー|


同じカテゴリー(アメリカ)の記事
MENTEES
MENTEES(2017-10-09 14:08)

シカゴの西やん
シカゴの西やん(2017-07-23 23:02)


Posted by I.T.A., Inc., President, Shin Kishioka・岸岡慎一郎 at 23:58 │アメリカ仕事日本進出グローバル人材