2014年09月07日

アメリカの製造業サポート



いよいよ2年ぶりにIMTSが開幕です。土日もずうっとなく、関係者の皆様、本当に有難うございました。一足先に製造業をベースとした、米国商務省経済開発開発局担当官と現状と今後について話しました。

ここ、アメリカの製造業の集積地、中心地であるシカゴや中西部でも同じこと。 高度技能者や優秀な機械オペレーターが不足しています。Golden Corridor Advanced Manufacturing Partnershipを運営している仲間が言っておりますが、 産官学の連携で製造業支援をしていかねば、産業を支えるベースがもたない、と。

アメリカの製造業におけるそれらの支援活動を強化すべく、冒頭の人材を教育・育成・ ”インターンシップ” を提供するCareerCruisingも立ち上がり、スポンサー募集を開始しました。この国で製造業を営む企業や支援する企業はこのような地場の取り組みにもサポートしていかねばならない使命があります。また、その他、ワークフォース育成用の企業向けプログラムもプラットフォーム提供企業が台頭してまいりました。

まさにアメリカも日本も同じです。。。

製造回帰と称して自社のオフショアや海外生産拠点を強化していくのもいいですが、自国へのベース強化が見直されている時期でこの点が日米の違いの様です。アメリカは中国から大脱走しており、中国におけるアメリカ人も1万人を切ったとか切らないとか。日本人は14万人。この異常性に動物的本能を利かせて対策を講じていかないとならないと思います。 



同じカテゴリー(アメリカの流行)の記事
MENTEES
MENTEES(2017-10-09 14:08)

世界のワオとホワイ
世界のワオとホワイ(2017-08-13 22:15)

TOFUGU JAPAN
TOFUGU JAPAN(2017-06-25 22:03)


Posted by アメリカ・シカゴ I.T.A., Inc., President, Shin Kishioka・岸岡慎一郎 at 21:55 │アメリカの流行