2013年12月06日

アメリカのグローバル教育

アメリカでのグローバル教育。
現地のハイスクールで今後、更に強化して欲しい教育分野を選択しなさい。 まさに全て重要に思いますとともに・・・そのまま企業でも当て嵌めることができますことに驚きます。 中学3年レベルからこのような各項目を鍛え始めているということと、グローバル環境とダイバーシティに身を置いているということが大変に貴重であります。 

- Ability to communicate in more than one language
- Ability to learn new skills independently
- Ability to work with a diverse group of people
- Appreciation of the arts
- Awareness of global issues
- Being creative and "thinking outside of the box"
- Critical thinking and problem solving skills
- Effective communications through public speaking
- Effective communications through writing
- Financial literacy - understanding personal finances
- Information and media literacy skills
- Leadership skills
- Research skills
- Teamwork and collaboration skills
- Understanding of civics and community responsibilities

本日は、世界中を飛び回っている日本から来られた方々がダウンタウンシカゴにて和食にチャレンジでした。 どのような和食がどのような客層向けにどのようなレベルで浸透して嗜まれているのか、という視点も大切にしたいとのことでした。 その都市における日本度やポジショニングが理解できます。 





同じカテゴリー(アメリカ)の記事
難易度MAXなリサーチ
難易度MAXなリサーチ(2017-10-22 20:18)

MENTEES
MENTEES(2017-10-09 14:08)


Posted by I.T.A., Inc., President, Shin Kishioka・岸岡慎一郎 at 16:18 │アメリカ