2013年11月23日

Alea jacta est

ビジネスパートナーからの新たな覚悟・・・ ”まさにAlea jacta estってなもんですな。” には感動。
飛び交うメールの中にこういう表現が増えてきているのが素敵です。 そして、まさに其れが仕事にのぞむマインドなのかと。 

【何故なのか?】
よく、何故I.T.A.社ではそこまで日米の事業開発になることをやるのか?と聞かれます。 
まさに 『突き詰めると、全てはニッポン国の為なのです!』 icon26というマインドな訳でして、仕事としてこれ以上のいい理由はないのです。 

これから取り組んでいくプロジェクトニッポンはまさにそういった普段の仕事や他の仕事の取り組み自体のマインドや実践が反映される状態になければ真の理解は出来ないでししょうし続かないのです。 小手先の誤魔化しは周囲からも秒殺で、

【我々の使命】
ニッポン国のために立ち続けて取り組むということは、ちょっと儲かったから方針転換するというようなレベルなものではありません。 我々はあらゆる外野の雑音、騒音や批判には耳を貸さずに、我々は挑み続けるのですicon09icon10icon12

>>> ホワイトハウスに行って、他のアジア勢の取り組み姿勢を目の当たりにして再認識した次第。 ニッポン国プロジェクト、イン。。。なう。 本当に何故なのか、何故やるのか、が大切になってきた時代です。





同じカテゴリー(アメリカ進出)の記事
世界クラス
世界クラス(2019-08-20 22:04)

アメリカ進出 軍隊式
アメリカ進出 軍隊式(2019-07-14 23:02)

"谢谢Master George Mui"(2019-06-30 10:37)


Posted by アメリカ・シカゴ I.T.A., Inc., President, Shin Kishioka・岸岡慎一郎 at 09:32 │アメリカ進出