2013年07月27日

インドとコンピート

インドとコンピート 終日といっていいほどにびっしりとアプリケーション開発関連のミーティング。

開発出身のMBA社長から「インドへのオフショアとの違いを説明して」と。 プロマネをはじめNVWの撃退、ものづくりを理解した上での作りこみ、状況の変化に対応できるサステーナビリティ。 アメリカへの開発依頼がある位です、と。 インドの競争があることも協業できることも最高です。





同じカテゴリー(アメリカ情報技術室)の記事
2019 APACC
2019 APACC(2019-05-06 17:23)

アメリカでITA2.0
アメリカでITA2.0(2019-04-29 18:03)

米国連邦政府
米国連邦政府(2019-02-12 11:53)

KINTONE x ITA Sessions
KINTONE x ITA Sessions(2018-04-15 04:06)


Posted by アメリカ・シカゴ I.T.A., Inc., President, Shin Kishioka・岸岡慎一郎 at 20:40 │アメリカ情報技術室