2013年05月30日

アメリカの原子力発電所

朝5時に会社を出発して原子力発電所に来ております。遠っ!
米国で100以上ある原子力発電所で最も多いのがここイリノイ州。 その安全性や点検・検査の作業を日本の技術が守れたり効率化することができるのであれば、大変に意義のあることだと思っております。 バックは米国メガ電力大手が相手。 この様な際には、先ずはデモの実現が最優先ですが、面談からデモ実現まで膨大な気合、労力と時間を要します。icon10 

やっとデモの実施に漕ぎ着けたのでこれで二合目に到達したイメージです。 先方は想像をはるかに超えて、大変にオープンで、グループ間での協業もとられていてタレントも多様性があります。 鋭い質問にも即答できる対応と即効力と実力が求められます。 設備機器の導入には主担当や責任者の玩具とならぬよう、委員会にて採択・稟議が通るかが鍵となります。 その為には、採択委員会までに賛同者を大勢集めなければなりません。 何年かかろうともものにせねばなりません。 







同じカテゴリー(アメリカ進出)の記事
世界のワオとホワイ
世界のワオとホワイ(2017-08-13 22:15)

SELECT USA
SELECT USA(2017-06-18 23:49)

Artificial Intelligence
Artificial Intelligence(2017-05-21 23:59)


Posted by I.T.A., Inc., President, Shin Kishioka・岸岡慎一郎 at 21:41 │アメリカ進出