2013年05月15日

シカゴでスタートアップ


郵船ロジスティックス・日本本社の倉本社長ともゆっくりお話ができてよかったです。

弊社から直ぐ、新社屋の開所式にお招き頂きました。 改めての新たなスタート、どんな会社も身が引き締まります。
シカゴ進出からん十年、新社屋のウェアハウジングと物流拠点、25,000㎡。 

弊社のシステム開発関係を含めてガンガンとお世話になっている郵船グループ。 ものづくりがアメリカの中西部から南部へ移行しているが、メキシコを配下に、シカゴから南米をマネージする企業も多く、北南米を含めてグローバルサプライチェーンのハブ。 2015に拡張するパナマかはたまた北極路線か、多様性に挑んでいって頂きたいです。

『本日は誠におめでとうございます! グローバルサプライチェーンの多様化により、ロジスティックスも複雑化してきておりますが、ものづくりにおける大変に重要な機能を担われております。 海外で活躍されるジャパンカンパニーのために陸・海・空で一層のご支援を賜りたいと存じます。』

大企業であっても起業とビジネスデベロップメントが最重要になってきています。icon12icon12 

もう一社、会社をつくります。





同じカテゴリー(シカゴ)の記事
Happy 2019 to All!
Happy 2019 to All!(2019-01-01 09:08)

2018 Season's Greetings
2018 Season's Greetings(2018-12-25 04:26)

INTERNSHIP609
INTERNSHIP609(2018-03-18 23:51)


Posted by アメリカ・シカゴ I.T.A., Inc., President, Shin Kishioka・岸岡慎一郎 at 14:14 │シカゴ