2013年05月11日

米亜戦略

久しぶりに面接を受けました。 アドリブで難問の数々に即答は苦しみました。
トップ自らを含めた3名対私で、プロジェクトの総責任者として。 採択されるといいです。 4社と会って、バー飯で帰宅は1AMまわりましたが昼間は大手米系コンサルとも会えて良かったです。 

さて、お題: 『在米アジアンアメリカン 1,500万人をどう動員して活かすか、、、組織化の始動』。
2000年から2010年までアジアンアメリカンは43%の人口増、アメリカに1,500万人が活躍中。



今月はアジアン・アメリカン・ヘリテージ月間、アジアンアメリカンを中心に様々な文化的なイベントが開催されたり、彼らを梃子に経済開発・成長戦略に向けた取り組みが行われています。 自前でなく、彼らのパワーやノウハウを積極活用する米国、なかなか知恵が効いています。 

オバマ大統領と安部首相の成長戦略、我々のプラットフォームスキームがどこまで近づけるか、近づいて更にパワーアップ化をするのか、です。icon10icon10

日系アメリカ人はアジア系全体のたったの5%、、、目線から、1,500万人を巻き込んでいくという発想に完全に切り替えました。 





同じカテゴリー(アメリカ)の記事
難易度MAXなリサーチ
難易度MAXなリサーチ(2017-10-22 20:18)

MENTEES
MENTEES(2017-10-09 14:08)


Posted by I.T.A., Inc., President, Shin Kishioka・岸岡慎一郎 at 22:32 │アメリカ