2013年03月06日

アジアシフト



チャイナやアジアから他国製製品へシフト、また、その逆も。
産業界では色々な動きが出てきています。 グローバルな多様化ソーシングの時代。 マーケットへの進出も然り。

ご来訪される日本企業の方々にも相当な考え方や理解度に格差が出てきているように感じます。 また、一見、アベノミクスで景気浮上しているかのように見えて、これまでの気合が一気に低減している企業さんも・・・・。 一方で、アジアはあくまで汎用・量産分野、また、欧米の高度な加工技術や先進技術の分野は重要、アジア市場ではありえないグローバル市場へのゲートウェイ市場、と位置づけて強化とバランス取りの努力を怠らない企業さんも多く。 またまた日本からの製造加工業の方々とアメリカのものづくり企業へ乗り込みます。





同じカテゴリー(アメリカ)の記事
難易度MAXなリサーチ
難易度MAXなリサーチ(2017-10-22 20:18)

MENTEES
MENTEES(2017-10-09 14:08)


Posted by I.T.A., Inc., President, Shin Kishioka・岸岡慎一郎 at 21:49 │アメリカ