2012年12月30日

デスバレーにアタック

デスバレーにアタック

日米間でのテクノロジーベンチャーの進出エクジットサポートプラットフォーム構築中。
政府がバックアップしたテクノロジーに対する海外市場展開を米国の専門家たちと話をしてました。

アメリカでも政府系のテクノロジーや基礎研究とファンディングのデスバレーと称するギャップが存在しており、民間系ではできないドゥーデリをしなければならない、と。 そのノウハウと経験をもった専門家たちなので話がはやそうです。 アメリカでは前述のギャップを埋めるためのブリッジングファンドのメカニズムを構築しつつあり、今後、大きく発展していきそうです。 

専門家の中の専門家を束ねたプラットフォームで、投資をバックにアメリカ進出、グローバル市場へのゲートウェイとして、日本からアメリカに一気に投資エクジットも一つのパスとして可能にしたいですね。 

日米にて新規プロジェクトの話が緊急で沸いてきており、スカイプが何回も落ちつつ、、、慌ててデスバレーに落ちないように気をつけながら進めさせて頂いております。 大晦日と元旦は絶対に休みます。icon10





同じカテゴリー(アメリカ進出)の記事
2019 APACC
2019 APACC(2019-05-06 17:23)

シカゴで令和元年
シカゴで令和元年(2019-05-02 08:49)

アメリカでITA2.0
アメリカでITA2.0(2019-04-29 18:03)


Posted by アメリカ・シカゴ I.T.A., Inc., President, Shin Kishioka・岸岡慎一郎 at 13:23 │アメリカ進出