2012年12月15日

トーク・ツー・マネジャー



現在のこのスマートフォン主体のライフスタイルにおける利便性とともに、不便を感じることも多い。 例えば匿名性。 サービスに不満やなんらかの問題があるような際に、責任者を出せというのも何だしサラリと問題を指摘したい場合も多い。 そのような際にスマホアプリからだと連絡先などの足跡が残ってしまいますが、そのような問題を解決するのがトーク・ツー・マネージャー。 

企業側が月極めのフィーを支払って、クレームやフィードバックをお客様のスマホから直接マネージャーに匿名性を保ちながら連絡ができるアプリのエンジンを提供。 クライアント毎に特定の電話番号を提供して、お客様はその番号にテキストをすれば良いだけという仕組み。  CS向上にリアルタイムになってきます。 スマートフォン終焉に向けて様々な兆候が出てくるのでしょうか。 




同じカテゴリー(アメリカ新商品・新技術)の記事
シカゴの西やん
シカゴの西やん(2017-07-23 23:02)

INNOVATION LEADERS SUMMIT
INNOVATION LEADERS SUMMIT(2017-07-09 23:52)

『ガイアの夜明け』
『ガイアの夜明け』(2017-01-15 22:38)


Posted by I.T.A., Inc., President, Shin Kishioka・岸岡慎一郎 at 23:08 │アメリカ新商品・新技術