2017年10月09日

MENTEES

シカゴマラソン、初参戦の方々おめでとうございます!会合先々より応援してました。完走者、関係者・サポーターの皆さまお疲れ様でした。icon12

私はマラソンもトライアスロンも7回参戦後は足踏み中でしたが、ついに(昨夜づけで)2018年に強制参戦・復帰icon09icon10となりました。


「あらゆる温度差の衝撃・・・」
また、SAYONARAが加速的に続き可なりヘビーなボディブローになってきておりますが、これは日本だけの現象ではなくアメリカをはじめとする先進国で共通した現象であることを痛感しました。


そして、週末も吐きそうに忙しい自分に、(そんなことより病)に陥っていた状態に嫌気がさしました。

団体戦が続き様々な企業群や組織が纏まって来られてますが、今週末は久々に超早朝からワシントンDCのメンターに缶詰メンタリング・イベントに参加させて頂いていました。自身のパーソナルな株主総会の役員会、メンターを持て!・・・・・ということでメンターとメンティたちが土曜日の朝からダウンタウン籠りお題に取り組んでいました。様々なタイプにわけてのタイプ別グループ毎の説得やコミュニケーション手法などは大変に勉強になりました。ところが途中でメンターに呼び出されて   続きを読む


Posted by I.T.A., Inc., President, Shin Kishioka・岸岡慎一郎 at 14:08仕事アメリカアメリカの流行インターングローバル人材

2017年08月13日

世界のワオとホワイ


Thanks to - vivintsolar.com

Tesla Gigafactory, 'TORAY', KeiCreate Japan, PARO Robots, MC Machinery, Nippon Express USA, OCS, Nozaki Insatsu,

この一週間、アメリカはネバダ州の砂漠地帯から、ワシントンDC、中西部のど田舎・・・・・からカリフォルニアまで、

I.T.A.では世界にどれだけワオ?を与えているのか?とある米人たちから質問が相次いだ。そして、ホワイWHYと。なぜそんなことをやる企業と組まないとならないのか、(最近の海外の若者たちは何故そんなことをやるのかの意義を重要視する)と。

イノベーターであり続けるアメリカ」でした。今週も多くの企業さまに大変お世話になりまして、ありがとうございました。
 山の日を終えて、日本がお盆休み中は、  続きを読む


Posted by I.T.A., Inc., President, Shin Kishioka・岸岡慎一郎 at 22:15アメリカの流行アメリカ進出Japan Technology

2017年07月02日

アメリカのドローン大学

face07 Thanks to our Trevor and DAREBEE! I was able to cut down 7 kg in two weeks. Now, drone training class starts...

アメリカは独立記念日直前の月末の週。
7kg減量したのにBMRやLBMまでもが及第点。。。icon10

さて、弊社のトレバーさんは毎日数個の新しいネタを提供してくれています。
どんなに斬られようが、来る日も来る日も新たなネタ、ビジネスアイディアを探し、練ってアタックしてきてくれます。

彼が紹介してくれた、このDAREBEEサイト、軽く流してましたが毎週数時間のワークアウトしかとれませんが、減量効果が出てきました。2週間で7kg減ですが。彼は毎日トレーニングしているので鍛え上げられていますが、昨日に着任したサンディエゴからインターンもパーソナルトレーナー。また、今週も来社されたアメリカの某殿堂入りの方から喝をいれられました。

因みにトレバーさんが紹介してくれる技術ネタとしては、  続きを読む


Posted by I.T.A., Inc., President, Shin Kishioka・岸岡慎一郎 at 20:03プライベート仕事アメリカアメリカの流行トライアスロンクロストレーニング

2017年06月25日

TOFUGU JAPAN

Three MUST sites for Japanese by and for Americans, TOFUGU, . WANIKANI, and ETOETO. Thank you for all of your efforts for peddling all about Japan and Japanese. Thanks to Trevor!

アメリカが変わり、世界が変わる、いま。

本来、日本がアメリカで手掛けるべきビジネス、技術、モデル・・・。
アメリカ人・欧米人により手掛けられてしまっており、更に増えて来そうです。

スタバ、俳句のツイッターエレクトロニクス・スマホのアイフォン、テスラ、最新型個室ホテルのヨーテル、しまいにはラーメン屋、、、などなど数えきれない。

アメリカの最新の流行りのジャパンサポートプラットフォーム、TOFUGU(豆腐・フグ)WANIKANI(鰐蟹)ETOETO(えっとえっと)など日本を学ぶには、或いはグローバルに通用する意訳や実践がやはり上手いのだと痛感する。

アメリカ進出、事業拡大を考える企業は是非これらの海外の方々から映るジャパン、またそれらを他の方々に分かりやすく興味を持たせるかという観点を学ばれることをお勧めいたします。  続きを読む


Posted by I.T.A., Inc., President, Shin Kishioka・岸岡慎一郎 at 22:03プライベートアメリカの流行日本進出

2017年06月05日

アメリカ・ビズシーズ

(inc.com)
Go Chicago~! シカゴがソーシャルプレナーシップで全米の首都に。
シカゴで、アメリカで起きている見逃せないこと。。。という必読系な記事です。

また、ソーシャルだけでなくバイオ、テクノロジー、フィンテックなどでもシカゴが全米を牽引していると言ってもいいと思います。この変貌ぶりは水面下で加速化してきていて速いです。日本ではまずニュースになりませんが、何故シカゴがテクノロジーに火がついているいるのかということは、アメリカではちょっとしたニュースです。

ビズシーズがスタートしました。


アメリカビジネスの様々なシーズや奮闘について、ちょっとこのブログとは違う形で生々しく寄稿していければと思っております。ソーシャルプレナーとなれるか分かりませんが引き続きご指導をお願いいたします。

また、  続きを読む


Posted by I.T.A., Inc., President, Shin Kishioka・岸岡慎一郎 at 07:28アメリカ新ビジネスアメリカの流行アメリカ新商品・新技術アメリカ進出

2017年05月21日

Artificial Intelligence

突然、グーグルA.I.がメール返信候補を掲げ始めましたですね。

ミーティング候補日の中から自動検出して火曜日なら、と返信候補も三つが四角枠内に表示されます。親しい関係にある方々やこれまでの遣り取りをみてカジュアルなテキスト返信候補も表示。

最初はゾッとしましたが慣れは怖いものでシチュエーションによっては便利さを感じます。音声認識サービスによるAI応答をはじめ日々の様々なシーンでAIが活躍をし始めております。アメリカの若者たちと話をしているとAIとやり取りしているように感じます。。。

ここからがディープラーニングとの連動で本当に光速化してきます。 ・・・と同時に日々のアメリカ人たちの応答スピードが加速化してきております。

これらのエコシステムは連動性や相関性があるのか、様々な件名や事業などの垂直立上げが求められてきてます。  続きを読む


Posted by I.T.A., Inc., President, Shin Kishioka・岸岡慎一郎 at 23:59アメリカアメリカの流行アメリカ進出アメリカ情報技術室

2017年04月09日

AUTOMATE2017

北米最大のオートメーションショー、AUTOMATE がシカゴで開催され、この大盛況なショーに行ってまいりました。

製造業、サプライチェーン、代理店の分野におけるProMAT、また食糧食品機械・技術におけるProFoodTechが併設開催、沢山のお客様が出展されました。全米の全50州から、また世界48ヵ国からの参加者が集結した珍しい展示会です。来場者も、製造・エンジニアリングが40%、本社機能・調達が27%、研究開発が10%、となっております。 日本から出展されたお客様方々も次回も必ず出展したいと仰ってました。

アメリカの製造回帰について以前にブログアップしました。オートメーションが普及し、進化しつづけるとどうなるのでしょうか。 製造回帰、製造回帰とアメリカは製造業をただただアメリカに戻す事ばかりに注目が集まっています。 2000年からアメリカの製造業従事者の500万人が海外流出したことを考えれば確かに闇雲に労賃の安い市場へ安易に流出するなとは理にかなっています。

ただ、それだけではないのです。。。  続きを読む


Posted by I.T.A., Inc., President, Shin Kishioka・岸岡慎一郎 at 22:53シカゴアメリカアメリカの流行アメリカ進出アメリカ製造業

2017年04月02日

アメリカで初のIIoT導入

アメリカはマーチ・マッドネスを経て、既に4月でもうファイナル・フォーのシーズンなのですね。 巷では最高に盛り上がりをみせており、今シーズンのゴンザガの快進撃が大注目ですね。

さて、アメリカでやや大規模なIIoTを初めて自動車メーカーサプライヤーに導入となりました。今回のコラボは5社でした。

Meiji Corporation x TOYO Engineering g-en-b x PATLITE x Calsoft x ita

PATLITE上からのシグナルによる稼働状況や異常を可視化。この様なコラボの掛け算がどんどんと増えてくると思います。 

また、先週はミネソタの水処理技術展にクライアントが出展、今週からは北米最大の自動化のオートメート展がシカゴで開催されこちらにもクライアントが出展します。何れの展示会でも多くのIIoTが注目されていました。今年1月には、   続きを読む


Posted by I.T.A., Inc., President, Shin Kishioka・岸岡慎一郎 at 19:14アメリカの流行アメリカ進出アメリカ情報技術室商社業戦略・提携アメリカ製造業

2017年01月15日

『ガイアの夜明け』






明後日1月17日22時より、弊社パートナーで日経テクノロジー対談でお世話になりましたリンカーズ株式会社「ガイアの夜明け」に登場します。是非、ご覧ください。

弊社には日本を代表する様々な欧米の技術探索・F/Sなどのお仕事を委託して頂いております。弊社のことなので、相当にニッチでマニアックですが扱かれております。彼ら、本当にニッポンの製造業43万社をつないでしまいそうです。そして海外展開も同時並行なので驚きます。オープンイノベーションならではなのでしょうか。

来週、後半に出張から戻ったら、シカゴでのパワフルな彼らとの再会が楽しみです。ニッポンの技術を、そして世界の技術をつなぎ、またギャップを埋めていければと思います。

さて、  続きを読む


Posted by I.T.A., Inc., President, Shin Kishioka・岸岡慎一郎 at 22:38アメリカの流行アメリカ新商品・新技術アメリカ進出シカゴ進出メディアCESアメリカ製造業

2017年01月14日

IOT-Product Release



[New Product Release]
新たに設備稼働率をモニターするIoTデバイスをリリースいたしました。 設備のPLCデータを吸い上げて、レポート分析データをセキュアなクラウドから閲覧できます。



先般リリースをしましたPicture Manual と併せてよろしくお願いいたします。   続きを読む


Posted by I.T.A., Inc., President, Shin Kishioka・岸岡慎一郎 at 22:03アメリカの流行アメリカ新商品・新技術アメリカ情報技術室アメリカ製造業

2017年01月01日

4DX Rogue One



新年あけましておめでとうございます。
沢山のメッセージを頂きまして誠にありがとうございました。icon26例年の正月アップ通り、シカゴにて 『 和 』 な大晦日・元旦を迎えさせて頂くことができました。明日より始動です。

大晦日はお休みで、スターウォーズ・ローグワンを4DX Absolute Cinema で観ました。先週末の3Dも素晴らしいですが、体感が加わる4DXはお勧めです。

また、ARはじめ2016年は産業用分野においてもAI元年でした。これら、再来週から開催の世界最大の技術集積イベント・CESでもお披露目があるかと思いますがIoT、フォグやミスト、ロボットなどの技術開発と導入がアクセレレートしていままでより大きく差がつく時代に突入ですので、『2017年は乗り遅れるな元年』でもあります。アメリカへの進出ラッシュが続きますが、実態・真実・ホンモノがわからない時代でもあり、それらの 真 を見える化だけでなく4D体感するかのような伝達や仕組みも必要となってきています。

弊社I.T.A., Inc.としては、新事務所での初めての丸一年とMBE取得とFORTUNEカンパニー100社+とのコネクト完了、I.T.A. ジャパン部隊育成という事業の大きな舵取り&バトンタッチ元年でした。また、引き続き、多くのパートナー企業と提携も締結しました。これらを基盤をメリメリと踏み固めていき、更にアップストリームの舞台においても協業スキームを強化してまいります。この4DXではないですが、アメリカの製造業における進出支援、リサーチ&テクノロジー&ディストリビューション支援において体感頂けるような’ABSOLUTE’ プラットフォームを目指していければと思います。ABSOLUTEです。

元旦は、恒例ですが、100名以上の仲間たちと共に新たな年を迎えることができ何よりです。更にバトンタッチは続くのでシートベルトの着用をお願いいたします。icon26

皆さまの健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。icon12
岸岡 慎一郎


(続きを読むをクリックして番外編をご覧ください)icon30  続きを読む


Posted by I.T.A., Inc., President, Shin Kishioka・岸岡慎一郎 at 23:22プライベート仕事シカゴアメリカの流行

2016年11月27日

アメリカでM&A





ニッポン企業が大きく変わってきていると感じます。

アメリカ進出の相談が大変に増えてきていますが、
相談に際して即ビジネスイン、というパターンも増え、
アクセレレートするディシジョンメイクに感動してます。

尚且つ、中堅中小企業もアメリカ企業の買収やJVを
目指す進出形態が増えてきております。この点が最も
大きな変化です。

M&A候補のプレF/Sをはじめ、ターゲット企業や技術
ホルダーのリサーチや裏取りなど、どうしても当地に
いながらしてステルスで実施しなければなりません。

そして、アメリカがここまで



  続きを読む


Posted by I.T.A., Inc., President, Shin Kishioka・岸岡慎一郎 at 05:17アメリカの流行アメリカ進出商社業

2016年10月22日

アメリカの環境・労働アセスメント



アメリカにある1,000,000件以上の規制コンプラインス対応。

製造業ではないので関係ないというのではなく、事業所・事務所も関係が大有りなのが頭痛です。

以前の投稿にてアメリカでの環境・労働安全性・規格コンプライアンスアセスメント、ISO/TS更新、の総合サービスについてご案内をいたしました。

本日は日本最大の化学メーカーの一社にIATA・DOTプログラムを弊社にてジョイント講習を開催しました。   続きを読む


Posted by I.T.A., Inc., President, Shin Kishioka・岸岡慎一郎 at 10:15アメリカの流行アメリカ進出シカゴ進出地域貢献戦略・提携アメリカ製造業

2016年10月10日

アメリカのスポーツ・エコノミー



東京オリンピック役員とやり取りが続きます。

その前にシカゴマラソン開催日は日本が体育の日。
このワールドメジャーイベントとして、世界最大級マラソンでは我々が採用している技術も含めて沢山の隠れた技術が活かされています。

今大会では、200名近い専属カメラマンによる50,000人のランナーたちの各種スポットでの撮影、ランナー追跡RFIDタグとゼッケン番号の自動認識による画像とランナーの自動紐づけ、ネットで自動サムネイル化&自動画像のサイトへのアップロードの従来のプラットフォームに加えて、漸く自動顔面認識技術も導入されます。チップやゼッケン情報がなくても紐づけされます。将来的には170万人の応援観衆にも応用できます。そして、その先にはアプリとの自動連動。

5年前の2011年のシカゴマラソンの経済効果から昨年ベースですが63%アップの$277.39 million (300億円)となります。これにはテクノロジー効果は不含ですが今後は大きなインパクトを加速的に影響すると思います。詳しくは、INFOGRAPHICSを参照ください。スポーツイベントの場合はシカゴマラソンのように12,000人のボランティアも相当なドライビングフォースとなっていると感じます。トライアスロン等の他のイベントより全くの規模感が違います。そしてキックオフミーティングで業界関係者が言っていましたが運営サイドの幹部たちの白人偏重も何とか変えなければならない、というのが次のトレンドとなりそうです。大会日はセキュリティを含めて万全を期していただきたいです。

さて、個人的には、マラソンも7大会出場後の二年のお休み ……トライアスロンも。 今年こそはと思いましたが、予定が入り断念です。が、素敵な再会、出会いに感謝です!



また、I.T.A. Showsならびにキャンプのヒューストンを無事に終了、何とか






  続きを読む


Posted by I.T.A., Inc., President, Shin Kishioka・岸岡慎一郎 at 06:24シカゴアメリカの流行アメリカ新商品・新技術マラソン

2016年08月28日

VAPE BAR - アメリカ大人気のベイプ・バー

POLAR PLUNGE VAPE.. pretty refreshing
アメリカで大ブームのベイプカルチャー。

若手アメリカ人たちがベイプバーに接待してくれました。水蒸気一杯に溢れるバーは凄いですね。本日リリースのポーラープランジフレーバー。。。北極熊のスカッと爽快なテイストです!

タバコを吸わない若いミレニアル世代、そして煙草を吸わない私も。。。もはや職業病です。日本のお客様の香りの付着技術・香り伝送やら、偽造&セキュリティ、スチームを発生させる器具などは高精細な機器でさまざまな情報収集をしました。

バーでは  続きを読む


Posted by I.T.A., Inc., President, Shin Kishioka・岸岡慎一郎 at 21:15プライベートアメリカの流行アメリカ新商品・新技術メディア