2017年10月29日

アメリカ大統領宣言

"Finally...."

[ホワイトハウス発]
アメリカ・トランプ大統領が10月22日から28日を全米マイノリティ・エンタープライズ・デベロップメント週間と宣言。大統領就任後にはじめて(漸く)認知して頂き、宣言としてホワイトハウスから発表されました。

日本での対談から丁度一年、 アメリカのフォーチュン企業の重要施策でも触れましたが、1972年から続くMBE制度。アメリカに進出している日本企業も企業市民としてCSR向上に注力するフェーズが続いています。

昨年はシカゴ、今年はデトロイトで開催された年次・全米マイノリティ・カンファレンスは弊社のディレクターに任せましたが出展社・調達方々との交渉に奮闘してくれました。フォーチュン企業1,400社の皆さま宜しくお願いします。

  続きを読む


Posted by I.T.A., Inc., President, Shin Kishioka・岸岡慎一郎 at 19:02TEAM ITA商社業マイノリティカンパニー

2017年09月30日

アメリカのカンバン・ハイウェイ



今週はアメリカのフォーチュン企業の重要施策に。デンソーさまもシカゴ進出からアメリカ進出がはじまりました。シカゴが進出のゲートウェイと感じてか、アメリカ州政府関係者がシカゴに企業招致によくこられます。

(沢山のご来訪者がお越しになられる日々です。但し、一日に10社を超えるときつい年となってしまいました。時間がなくなるとどんんどんご来訪者も早い時間になり、来週も朝の5時台に来社される方がいます。日本もアメリカなみに朝方になってきて良いことです。)


さて、アメリカのルート66はシカゴ発で西海岸まで旧国道として繋がっていますが、最近はアメリカ人たちが『カンバン・ハイウェイ』と称するI-64US64号にどっぷりです。 これのハイウェイは素晴らしいですね。シカゴにいるとどうしてもハイウェイを南北目線になりがちですが東西で見ることも重要なんだ、と。高速を乗り換えていずれはメキシコへという景色と東西高速だとものの見事に自動車工場がぎっしり並ぶマップに化けます。

アメリカ進出支援の際には共和党の州、民主党の州などのたすき掛け、優遇税制、エネルギーコスト、アクセシビリティ、サプライヤーへの距離、日本人としてのライフラインなどなど沢山の指標が当たり前の様にありますが。。。自動車OEMのそばには重い製品の製造拠点を、順番に、そして互いに人材の奪い合いにならないように、アラインされているのはものの見事です。

と、今週の某州政府の会合にてアメリカ進出支援・経済開発局の方々に絶賛されました。   続きを読む


2017年09月24日

サプライヤー・ダイバーシティ

売る側も買う側も選ばれる時代。
サプライヤーやサービスプロバイダーを大切にされていますか?

アメリカのS/D(サプライヤーダイバーシティ)エージェンシーから聞かれる弊社のサプライヤーダイバーシティ補足マップ。我々がサプライヤーダイバーシティを売り込んでいる割にはまだまだな仕入先のダイバーシティ。

弊社のサプライヤー海外編


弊社のサプライヤーアメリカ国内編


当面の仕入れの注力先は  続きを読む


Posted by I.T.A., Inc., President, Shin Kishioka・岸岡慎一郎 at 20:06アメリカアメリカ情報技術室商社業マイノリティカンパニー

2017年09月03日

SAYONARA

いまの日本では絶対に感じられない、、、これまで大変お世話になりました。

沢山の大送別会は続きますが、ニッポンからアメリカへの黒船は続きます。
こんなにも美しきノースカロライナ州の街で・・・アメリカ人たちからフルボコでした。icon09icon08

同じ州内の移動なのに、工場間がプロペラ飛行機で1時間半もかかることもそうですが、5社とともに二日間9名のアメリカ人に囲まれ唯一のメインプレゼンター(日本人は私一人だけ)での弊社の商社・テクノロジーや技術マッチングに関するプレゼンはブルータルでした。

アメリカの  続きを読む


Posted by I.T.A., Inc., President, Shin Kishioka・岸岡慎一郎 at 22:14アメリカ進出商社業マイノリティカンパニーアメリカ製造業

2017年07月30日

アメリカのバーチャルオフィス


by Trevor West, and 2017 Summer Intern Team -itaoffice.com-


アメリカで37年、最大の山場の一つの局面でした。
今週は、アメリカでの国境調整税が先送りされ、日本からアメリカへの輸出型企業は一旦は相当にホッと胸を撫でおろしています。

ただし、国境調整税と国境税の違いを注意深くスタディする必要があります。アメリカファーストが叫ばれ続けておりましたが、更に誇大化しつつあります。在米の日系大手企業の多くも、日本からの輸入ではなく、アメリカに進出している日系企業からの調達に注力をしようと舵取りする動きがあります。この影響下で日本企業のアメリカ進出が本流となり、訪問や相談、マーケティングをはじめ進出支援が続きます。

また、就労ビザ問題は今後の企業の事業活動の負担として大きくのしかかってくることとなりそうです。ワークフォースリソースを安定化して、ターンオーバーレートを下げる確固たるCSRをはじめとしてCREDOが重要視されてきています。オーストラリアでも就労ビザを廃止、極限まで絞り、国内のワークフォースの活用を最大化するなど他の海外市場へも余波が出始めております。

重要な点は、  続きを読む


Posted by I.T.A., Inc., President, Shin Kishioka・岸岡慎一郎 at 23:58アメリカ進出シカゴ進出商社業マーケティング・リサーチ

2017年07月23日

シカゴの西やん

シカゴの西やん、お誕生日おめでと!

I.T.A. 最年少で地上戦・空中戦を仲間達とたたかいながらキーイベント参戦もありがとう&お疲れ様です!

草食系が増える若者たちの中で、肉食系の本来のアメリカ人、草食系のミレニアム系アメリカ人、先々週・先週とイベントが続く若手起業家のハイブリッド系のアメリカ人たちの塗れる大草原に放してしまいました。

西やんは、師匠よりお預かりした、古き良きアメリカの香りを漂わせる最近の若者らしいアメリカ人です。日本語が出来るだけでなく、将来はアメリカからの日本進出・直接/間接投資へも貢献してくれそうな頼もしい逸材です。

こういう若手のアメリカ人たちが  続きを読む


Posted by I.T.A., Inc., President, Shin Kishioka・岸岡慎一郎 at 23:02シカゴアメリカアメリカ新商品・新技術コンサルティング商社業マイノリティカンパニー

2017年07月16日

FIRE ANTS Experts Wanted


Our international distribution/trade team facing fights with fire-ants...TheCoz - 投稿者自身による作品, CC 表示-継承 4.0, Link


弊社では40フィートコンテナを年間40-50本をアメリカから輸出しています。

コンテナベースでの出荷だけのケースですので、これは大した物量ではありませんが、日頃からローディング用クリンパー、コンテナやトラックなどの品質に最新の注意を払っていただいております。パナマ運河が拡張され、アメリカの主要港の船も大型化してきており物量が少ない我々は蔑ろに・・・従来のような丁寧な船積みがされない可能性も出てきております。また大量のコンテナを積み込む為に他の国々からのコンテナからアリが侵入する可能性も高いです。

物量、品種や品数が増えるにつれ色々なことがあります。
今週は何とヒアリがテーマとなり、弊社も含めて各所にて対応が迫られております。

日本では女王アリも見つかっており、相当数が日本の港から発見されていますね。中国発のコンテナが貿易の際に利用されるコンテナが回り巡って日本やアメリカへもヒアリとともに上陸してきています。様々な対策が協議されますが、食品関連に使用される商材の場合の対策は殺虫剤など使用できないなお相当に制限されます。

これに対して、昆虫博士に最初から相談するのではなく、  続きを読む


Posted by I.T.A., Inc., President, Shin Kishioka・岸岡慎一郎 at 23:31アメリカ商社業

2017年04月24日

アメリカのCSR

アメリカの企業価値、価値観が大きく変わってきています。
先週は、シカゴでマイノリティの年次総会、CBOFが開催されました。

今年で何と50周年を迎え、国籍を問わずにアメリカで活躍する大手企業のCSRの一貫としての評価の25%を占める位置付けとしてもサプライヤーダイバーシティの重要性が昨年と比べても更にパワーアップした感じで出展者数も今年の方が多かったです。

アメリカの失業率が高まっても5%以下と、完全雇用に近い状態で、CSR評価を高め仕事の意義^WHY?^を向上させないとアメリカ人社員のリテインも困難となってきているとのことです。これは、一見、直接に関係が無いようでいて、特にいまの若者達には重要視されてきています。

日本の大企業も最先端をいっている会社は流石、死角なしで出展されていましたが、この50年の長い歴史の取り組みギャップを日本の企業が埋めるのは相当な努力が必要だそうです。アメリカの大企業は会場でも慣れきった感じで新たな施策に順次でどんどんと更に新たなSDを推進していて戸惑うばかりです。我々も新参者なので、底なしな取り組みが必要です。関連のイベントは今後は毎月の様にアメリカの各主要都市で開催されます。特に中国勢とアフリカ進出を含めたアフリカ勢のエネルギーが凄いです。

他の先輩企業の知恵を頂きながら推進し、  続きを読む


Posted by I.T.A., Inc., President, Shin Kishioka・岸岡慎一郎 at 07:08アメリカ商社業大統領直轄イニシアチブマイノリティカンパニーマーケティング・リサーチ

2017年04月02日

アメリカで初のIIoT導入

アメリカはマーチ・マッドネスを経て、既に4月でもうファイナル・フォーのシーズンなのですね。 巷では最高に盛り上がりをみせており、今シーズンのゴンザガの快進撃が大注目ですね。

さて、アメリカでやや大規模なIIoTを初めて自動車メーカーサプライヤーに導入となりました。今回のコラボは5社でした。

Meiji Corporation x TOYO Engineering g-en-b x PATLITE x Calsoft x ita

PATLITE上からのシグナルによる稼働状況や異常を可視化。この様なコラボの掛け算がどんどんと増えてくると思います。 

また、先週はミネソタの水処理技術展にクライアントが出展、今週からは北米最大の自動化のオートメート展がシカゴで開催されこちらにもクライアントが出展します。何れの展示会でも多くのIIoTが注目されていました。今年1月には、   続きを読む


Posted by I.T.A., Inc., President, Shin Kishioka・岸岡慎一郎 at 19:14アメリカの流行アメリカ進出アメリカ情報技術室商社業戦略・提携アメリカ製造業

2017年03月26日

アメリカの巨人たちに踏まれて

最近はアメリカの社員15万人以上の大企業からの出頭要請が少しづつ増えてきました。

アメリカの製造業&研究開発の集積地、デトロイトに今週も二回往復しましたが、急遽、パートナー会社の米人たちと週末を投下して資料作成となりました。このミーティングが実現すること自体、日程調整だけで2.5か月を要しました。

期限は二日後、このエレベーターピッチ的な急転直下型で、ハイパー集中し一気呵成に物凄い馬力を入れて働くのがやはり凄いです。(ついていけるかなぁ・・・) こんなミジンコの様な我々に一体、巨人たちを相手にして実現が出来るのか、感触を確かめ合いながらの推進が続きます。

来週、テキサスにて全米の同社内・全役員向けのプレゼンが実現することとなりました・・・。icon10icon10 先方社内幹部が代行してプレゼンとなるので、内容も端折られないような決定打、クリエイティブ、アグレシッブ、ラジカルで効果的な先方の利益をを散りばめる必要があります。また、今後の世の中で重要となる12の現在進行形の施策トピックに関する自社取組状況の反映。更には、先方へのCSR向上メリット、サプライヤーダイバーシティプログラム、インクルージョン、などによるリスクアセスメントを含めて、地域貢献に関する取り組み状況を含めての総合的な提案をしろ、と取引企業には相当に高度な要求仕様です。特に、我々がオンリーワンであること、取引したら相手に圧倒的なメリットがあること、に関する落とし込みは本当に全叡智を集めて練り上げるのが大変です。巨人たちに踏み潰されて分かることは沢山あります。ただ、スポット的な取引ではなく、最初で最後の会社対会社の継続的な取引を真剣に検討してくださっている証拠。

また、一方では、将来の防衛の為に、日本のアメリカ経済への貢献についてもアピールをしつつ、  続きを読む


Posted by I.T.A., Inc., President, Shin Kishioka・岸岡慎一郎 at 22:10アメリカ国内海外出張商社業マイノリティカンパニーアメリカ製造業

2017年03月05日

CHICAGO EXPORT CENTER



MBEs Support Exports!
Thanks to DoC, NMSDC, MBEs and Chicago Center! With an Federal Grant, The Chicago Export Center Opened targeting Asia, Latin, and Africa markets! We wish another big success, and hope to contribute the export to Asian countries!



『買ってくれない会社【国】からは買わない。。。』
シカゴで全米の四拠点の一つとしての輸出センターがNMSDC事務局内に開設しました。

トランプ政権になってからあっと言う間の二か月ですが、米商務省もあらゆる施策を打ち出してきている中での重要な目玉、輸出強化策。輸出フォース・プラットフォームの中心候補社たちが中心に開所式に参加しました。

大型なミドルマーケットを有するアジア市場、ラテン、及び、アフリカが主なターゲット先です。輸入大国(買ってくれる国)には恩恵を、そしてより優遇措置を、というのは万国共通ルールですが、アメリカ自体がこの様に輸出に力を入れ始めるのはいいことです。従来は海外市場に対する営業が皆無に等しい国ですので。

日本もアメリカからの輸入を本気で  続きを読む


Posted by I.T.A., Inc., President, Shin Kishioka・岸岡慎一郎 at 01:30シカゴアメリカ進出商社業マイノリティカンパニーアメリカ製造業

2017年02月19日

UPSTREAM

LED Lighting Menu...日本のお客様とべったりの数日間のノースカロライナ出張から日本へ。

さて、アップストリームということで、お仕事を沢山かかえているプロフェッショナル集団・企業へと川上ではないですが、エンドユーザーだけでなく、サービスプロバイダー方々へ市場調査・リサーチ、テクノロジー支援、代理店業務ともに移行しております。

従来のエンドユーザー向けにもお手伝いをさせて頂いておりますが、徐々にフォーカスどころが変わってきております。ついていけるように色々なツール・アプリの導入も必要になってきそうです。パートナー各社の人材も大変に重要なリソースとなってまいります。

また、今月ご来訪を頂きまして、  続きを読む


2017年01月30日

GOLD Medalist

With x 5 Olympic swimming GOLD medalist, Missy Franklin.

After Simone Biles and other great athletes, it was great to have Missy here in our office building for her visit. They have great attitude and posture both mentally and physically!

今週は5個の金メダリスト、ミッシー・フランクリンさんが来訪されました。本当にこの会社ビルには色々な方々が来られます。

これまでにシモンさんや女子サッカー代表をはじめ数々の金メダリストとお会いしましたが、お会いしていて気持ちがイイですね。ミッシーも朗らかで本当にユーモアがあり、話をしていて楽しいです。

特に心身共に姿勢&スタンスが素晴らしいですね。日本人は特に  続きを読む


Posted by I.T.A., Inc., President, Shin Kishioka・岸岡慎一郎 at 08:15アメリカアメリカ進出トライアスロン商社業マーケティング・リサーチアメリカ製造業

2017年01月22日

アメリカの巨大ブラックメーカーたち

出張からシカゴに戻ったら新しいアメリカの大統領が就任していました。

シカゴに本社を置く企業を中心にアメリカの巨大企業・メーカーへの訪問機会が増えてきております。


訪問先の選定は、日本のよい技術を前向きに取り入れていく努力をしている企業を中心にしています。本日、訪問したボーイング本社もロビーから随所に日本満載ですね。桃型なアメリカは中心部の種に入り込む・認められるにはこの相当に硬い種を突破する必要があります。ただし、これらのアメリカの巨大メーカー〔ベンチャー含む〕たちの共通点は、日本の技術の取り込み&絶妙なブレンディングによるマイグレーションに成功していることと、猛烈に強烈に働くブラック企業である、投資家・経営者目線の三点です〔がアメリカではブラック(だらけ)でも一般メディアでは騒がれませんですね〕。そして、この三点の一点目をもっと広く海外の方々に認識してもらいたいですね。

新大統領政権になり、  続きを読む


Posted by I.T.A., Inc., President, Shin Kishioka・岸岡慎一郎 at 18:11アメリカ進出コンサルティング商社業アメリカ製造業

2016年11月27日

アメリカでM&A





ニッポン企業が大きく変わってきていると感じます。

アメリカ進出の相談が大変に増えてきていますが、
相談に際して即ビジネスイン、というパターンも増え、
アクセレレートするディシジョンメイクに感動してます。

尚且つ、中堅中小企業もアメリカ企業の買収やJVを
目指す進出形態が増えてきております。この点が最も
大きな変化です。

M&A候補のプレF/Sをはじめ、ターゲット企業や技術
ホルダーのリサーチや裏取りなど、どうしても当地に
いながらしてステルスで実施しなければなりません。

そして、アメリカがここまで



  続きを読む


Posted by I.T.A., Inc., President, Shin Kishioka・岸岡慎一郎 at 05:17アメリカの流行アメリカ進出商社業