2019年05月06日

2019 APACC

”Out of Many, One" これぞアメリカです。








Special thanks to the management and organizers APACC, for the VIP invitation to the annual GALA. Also, thanks to DENSO, JAPIA, JBSD, and everyone in Detroit. #Supplierdiversity #SD #weareminority #MBE

APACCの年次総会にVIPご招待を頂きましてAPACCに感謝を申し上げます。
このアメリカのモーターシティであるデトロイト本部、シカゴにはない違う力強さと熱気を感じます。

以前より『今後はアメリカ市場の懐に入り込む』を掲げてましたが、本当に少しづつではありますが御見知り置き頂けるように精進致します。5月3日から6日までの4日間のミシガン(+カナダ)でのワーク合宿、大変に貴重な機会となりました。アメリカ人たちからは時々、これに  続きを読む


Posted by アメリカ・シカゴ I.T.A., Inc., President, Shin Kishioka・岸岡慎一郎 at 17:23アメリカ進出コンサルティングアメリカ情報技術室商社業マイノリティカンパニー戦略・提携

2019年04月25日

アメリカ・メディア掲載

[MEDIA] 04.22.2019
アメリカの団体、 カリフォルニア・アジア商工会弊社のアメリカをベースとした商社機能に注目され、『インタビュー記事』を掲載して頂きました。

輸入大国のアメリカが少しづつ輸出にも力をいれようと努力をはじめました。アメリカでは、主要マイノリティカウンシル事務所内や米国商務省傘下の各団体の中に輸出支援センターを設置してアメリカ企業向けの輸出を通じた販売・事業拡大を目指しております。

昨夜もアメリカ進出事業支援パートナーの先生方々と会食で、今まさに既存の進出企業でも益々就労ビザも取得・更新が困難になってきております。進出先、アメリカでその国や市場の為に貢献できる実践を重ねてアメリカの懐に入れて頂けるように努力してまいりましょう。最近、アメリカ進出の日系企業の経営者にアメリカに仕事以外でどのように貢献されたいですか?と必ず聞いております。

"President of a Minority-Owned Firm Shares his Export Story and the Importance of Supplier Diversity." Special thanks to Cassie Fortes San of CalAsian Chamber for the interview article! #Export #Japan #ASIA #Import #Distributor #MBE #supplierdiversity #CALASIAN #sacramento https://lnkd.in/eRwgzCW  続きを読む


Posted by アメリカ・シカゴ I.T.A., Inc., President, Shin Kishioka・岸岡慎一郎 at 22:15アメリカ進出メディア商社業マイノリティカンパニー

2019年02月12日

米国連邦政府

アメリカやシカゴの大寒波は凄かったですが大丈夫でしたでしょうか。

多くのお客様の安否も心配されたり、旅程が変更となってしまいました。先週から今週にかけては無事にシカゴでお会いすることができて何よりなキャッチアップ週間です。

また、アメリカの連邦政府も漸く復旧して何よりです。色々な意味で不便を感じられた方も多かったのではないでしょうか。

その様な中、米国商務省のもと、 元米国トヨタのAdrienneさんが社長になられた全米マイノリティカウンシルもキャッチアップしてきました。こちらに掲載した画像の通り、2019年度の『米国マイノリティ企業認定証』が漸くまいりました。12月から最後の最後まで毎日遣り取りが続きました。

米国政府機関も再始動・・・、 また、様々なお客様もキャッチアップしてくる模様で感謝です。

(Photos: Chicago Tribune and ExtremeMeasures)
  続きを読む


Posted by アメリカ・シカゴ I.T.A., Inc., President, Shin Kishioka・岸岡慎一郎 at 11:53インターンアメリカ情報技術室商社業マイノリティカンパニー

2019年01月13日

アメリカのニッポン事業部

弊社I.T.A. ジャパン
ニッポンのアメリカ事業部 ⇒ アメリカのニッポン事業部に.
まい進してくれています。

アメリカが一体、日本の何に興味があるんだ?とお思いの方も多いかと存じます。欧米発の複数のものを組み合わせて再創造するイノベーション力、カイゼン力、応用力、独創的なローカリゼーション力など沢山あります。

在米企業、皆々様が同様にアメリカファーストモードの中、
アメリカ進出支援プラットフォームを構築して加速化しつつも日に日に加速度合いが高まっています。

限られた時間やリソースの中での、既存の小さなギャップから、何気なくニッポン全体がやっているそんなことより病から、更に重要なギャップまで、拡がる日米の温度差を埋める仕事。組織↔組織の日本 vs. 組織↔個人の日米になる際のビジネス差異に良い光速化を。日米の考え方、やり方、仕組みの違いを徹底的に理解すればするほどに日本の方々にはシェアすることができないという、ジレンマに陥らないよう留意。そして、日本の独特の特殊性をもった切り返し&日米の橋渡しを。

お蔭様でプラットフォームのパートナー各社もお客様以上に厳しくご指導頂いております。足を運んでくださっての日々のご指導を有難うございます。

鍛え上げて筋肉質になってジャパンを支援・応援まいりたいと思います。
引き続きご指導ご鞭撻をお願い致します。

  続きを読む


Posted by アメリカ・シカゴ I.T.A., Inc., President, Shin Kishioka・岸岡慎一郎 at 03:06アメリカ日本進出商社業マーケティング・リサーチ

2018年12月01日

アメリカ進出支援プラットフォーム

[アメリカでプラットフォーム形成:投資編] 5/19/2019


アメリカ進出プラットフォーム第13弾は投資編です。1年半以上をかけて熟成、アメリカの起業家で投資事業をローンチ。1年半で漸く累計1,000億円規模の投資にまで成長してまいりました。毎月、日本出張している方ですが、今週改めて我々I.T.A., Inc.の日本の提携先と一社づつお会い頂きます。今後は上場企業以外への投資にも取り組んでいかれます。これまではこのような場合、仲人である我々が立ち会うのが筋でしたが最近では一切そのようなこともなく、直接お会いいただき行き成りディスカッションして実力値を感じて頂いております。日本市場や企業も熟知しており、私の知らない会社ばかりがトピックに出て自分の無知さを思い知らされました。事業継承にお困りな家族経営企業や地場の有望匠の技、アメリカ進出しないのがおかしい企業、方々にアメリカからの応援の輪が広がります。そんな彼は応援したくなる男の一人です。

[アメリカでプラットフォーム形成:EC編] 3/31/2019
アメリカでサクセッションのブログをアップしましたが 各社でもサクセッションが進んでいます。

ウェブやE-Commerceパートナーとミーティングを実施しました。アメリカ在のインド人も250万人を超え、本国も素敵な人口ピラミッドを維持しています。

週末にサクセッションを受けた若手たちと(親は抜きで)面談をしました。
既にウェブ、E-Commerceサイト、アプリ開発でも実績があるとともに、本業の合間の時間・リソースを束ねて対応してくれる新時代のサポート体制を構築しました。

本プラットフォーム事業の中でEC支援立ち上げによるシナジーはアメリカでの販売・営業代行編だけではなく、アメリカ進出プラットフォーム事業編、IT/IoT・テクノロジーパートナー編、シリコンバレー編、などに期待がかかります。

早速、BDがスタートしますが、同時に4月1日からは日本からアジア、インドで成功している会社さまがアメリカ進出を果たし帯同支援となります。

[アメリカでプラットフォーム形成:営業代行編] 3/20/2019
アメリカの販促・営業代行ファームとコラボが開始しました。こちらの意向もよくよく細部まで聞いて頂けて、いちいち取り繕わずに地道でダウンツーアースな感じが評価出来ます。アメリカでの営業コストは日本の数倍です。今後、ニッポンのアメリカ事業のコスト効率改善や攻めの武器になるように磨き上げていければと思います。

[アメリカでプラットフォーム形成:シリコンバレー編@シカゴ] 2/14/2019
シリコンバレーから2社、ニューヨークからとシカゴからとで久しぶりの再会をしました。
最先端の自動車、ハイテク、機械・加工業をはじめVC業や事業開発を手掛けている方々。

私が社会人になったころはシリコンバレーへの日本企業進出も300社台でしたが、昨年は900社を超えてこれからますます加速化しそうです。

シリコンバレーでの投資、製造業、テクノロジーに最も精通した方々が来られ、現況をアップデート。

弊社としては、加工のプラットフォームやビズデブのバーチャルオフィスを支援します。
#シリコンバレー進出 #アメリカ #加工 #製造業 #自動車 #ハイテク #バーチャルオフィス #進出支援

[アメリカでプラットフォーム形成:アメリカ・アジア事業開発編] 1/21/2019
アメリカのマイノリティ認定企業が集まり、今後のアメリカ⇄アジア間の事業開拓の支援プラットフォーム化しました。会合の週にトップ2が来社、 早速、試されました。結果は合格。

ホワイトハウスからの一人、また、アメリカのハイテクを発展させた二人。かなり、まくし立ててユニーク性をアピール、素晴らしいということでアメリカとアジア間の事業開拓をジョイントで支援します。彼等の販路にも注目で頼ります。

[アメリカでプラットフォーム形成:アメリカ・M&A and JV編] 1/20/2019
日米の専門ファーム4社とのネットワーク化。
アメリカ進出の取組方には様々な形態がありますが、グリーンフィールドではなくM&AやJVで一気に成長をはかるということも一つの手法として興味深いです。M&Aやインベストメントバンキングを手掛けるファームがご来社されました。以前より日本の同業さまとは小さいお話を頂いて、買収やJV候補先企業のイニシャルリストやマーケティングのお手伝いをしておりました。以前も他社が選定した候補先を調べてストップを推奨しました。今後はAIなどの普及も加速化に寄与するかもしれませんが、我々がお手伝いしているのは殆どがポイントを炙り出して浮き彫りにする『裏取り調査』サービスです。大変に変化の激しい時代でもありますので、お客様の目的に適しているか、AIの裏取りも含めてお手伝いできるようになりたいです。

[アメリカでプラットフォーム形成:ウェルネス・ヘルスケア事業編] 1/6/2019
アメリカで十数年間ほど医療テック、大手ヘルスケアスタートアップ、アメリカのグローバルIT企業によるヘルスケアテクノロジープラットフォーム、健康整水器、介護・セラピーロボットなど支援取組をグループ化しました。

下記に追加しまさした、研究開発技術のシンクタンクとの連携も絡みますが、製品・技術を販売する前に必要なFDA認可取得から使用している化学物質の当局届出・取引管理、アメリカの医療・製薬業界における営業規制・実践規律、医療データのハンドリング規制などもグループでサポート致します。

丁度、今週からCES19が開催されますが、まさにウェルネスも注目の的です。職場、生活、自動車、全てと接点がある分野です。

[アメリカでプラットフォーム形成:アメリカ・研究開発技術リサーチ編] 12/28/2018
アメリカでがっつり踏み込んで特定の技術分野で誰がどこまでの研究開発に従事しているのかをリサーチしてくれるパートナー企業とミーティングを実施しました。米国大手電機メーカーからコンシューマー商品メーカーまで幅広い大手顧客を保有されています。弊社のマーケティング・リサーチチームと連携をして各プロジェクトをアクセレレ―トに寄与できればと思います。可成り難易度が高く時間を要する分野ですので時短やリソースに期待したいです。同社がスタートアップ時に創業者と面談しましたが、研究開発・PhD 3,000人のネットワークを擁するまでになっており何よりです。このアメリカの研究開発パートナーと有望技術リスティングをKINTONEでも共有して評定と需要状況を可視化してまいります。

[アメリカでプラットフォーム形成:ジェトロ・アメリカ進出プラットフォーム事業編] 11/27/2018
従来のジェトロのアメリカ進出支援が加速化、コーディネーター業務からより広範囲にコンサルタントを増強して分散協調型にプラットフォーム事業として支援を致します。11月27日に発足式が開催されました。

(追記)本日、12月23日に進出支援のご相談が数件まいりました。週末ですが、いよいよ本格ローンチですので追記致しました。

[アメリカでプラットフォーム形成:コンプライアンス編] 12/13-14/2018
EPA、OSHA、GHS、SDS、TSDA、EPCRA、NPDES、RCRA、PLC、GHG、ISO/TSの規制対応、コンプライアンスサポート業務のニーズが徐々に高まってきております。

アメリカでの許認可、当局へのレポート、特にTCSAを中心とした環境・労働安全基準局への登録・認証確認、及び、取引のトラッキング管理業務をセットアップしていっております。

保険会社のみなさまをはじめ営業サイドのプラットフォームご参画をいただき大変お世話になり有難うございます。

アメリカでは特に素材や使用されている化学品、材料など技術的な進化に伴い、従来の規制の更新が多く対応が困難です。

皆さまが準拠できるようにご支援をしてまいります。


[アメリカでプラットフォーム形成:IT/IoT・テクノロジーパートナー編] 12/12/2018
サプライヤー以上、コラボレーター以上、協業以上、のパートナー方々。
私共の貴重なリソース、ソリューション、智慧の源だけでなく顧客や弊社の分身的立場で動いてくださり心より御礼を申し上げます。




[アメリカでプラットフォーム形成:日本中小機構編] 12/10/2018


新たな中小機構バージョンプラットフォーム事業のスタートです。
備忘録)アメリカでの進出および事業ローンチのスキムとしては、官民⇒あとは民民で推進、加速化。弊社のマーケティング調査業務から、アメリカ商社・代理店業務や販売代行・セールスレップ機能へと移行しながら支援を致してまいります。


[アメリカでプラットフォーム形成:CSR編] 11/26/2018

"We are Nurturing Future U.S. Science & Technology Talents"
(photos:Chicago Shimpo)

シカゴで地元の高校生たちのサイエンス・テクノロジーへの関心を高める競技を企画支援、ノーベル賞を受賞された南部博士のご協力のもと『南部賞』が発足されました。

ISOディレクター方々がこの賞は大変に有意義で、「アメリカの若者たちの研究心を促進する意味で大きく貢献していて大変に素晴らしいことです」と評価されております。

この度、発足・協力企業に感謝状が授与頂きました。
アメリカでの製造業において現地にてお世話になっている日系企業がせめても取り組める地域貢献の一環だと思います。7年前にご来社頂いたディレクター方々との再会も嬉しかったですが、長き道のりにおけるこの感謝状、継続は力なりです。シカゴ日米協会の馬場事務長の粘り強い真摯な取組、ご協力に感謝を申し上げます。

昨今の小・中・高で勝負あった感がかなりのインパクトのある世の中で、アメリカの現地校のアクセレレータークラスなどを垣間見ると大変な緊張感をもっていて移民たちの役割分担が出来上がってきている感じがします。これからの若者が テクノロジー x グローバル x ダイバシティを意識して群をリードしていけるか注目です。

  続きを読む


Posted by アメリカ・シカゴ I.T.A., Inc., President, Shin Kishioka・岸岡慎一郎 at 03:32アメリカ進出地域貢献メディア商社業グローバル人材戦略・提携マーケティング・リサーチアメリカ製造業

2018年11月18日

TOYOTA SD OE 2018

第29・トヨタのSD OE年次イベントがデトロイトで無事に終了しました。
数千人のアテンダンスで、内容も質も向上し続けていて年々パワーアップしています。

Tier 1 Tier 2サプライヤー200数十社が集結、SDやOEについて浸透度が更に高まっており、同分野はトヨタが牽引していく意気込みを感じました。

アメリカでのトヨタOEには3回目の参加となりましたがMBE商社として寄与出来る巾を広げる必要性が出てまいりました。

この土日は日本とテキサスからシカゴ入りされた方々と会社でSDの打ち合わせをしております。ご協力・ご支援に感謝申し上げます。

  続きを読む


Posted by アメリカ・シカゴ I.T.A., Inc., President, Shin Kishioka・岸岡慎一郎 at 23:11TEAM ITA商社業マイノリティカンパニーマーケティング・リサーチ

2018年09月16日

アメリカでのビジネスはヒト・・

先週のシカゴで開催されたIMTS製造技術展はアメリカの2000年ドットコムバブル以来の規模。
ビッグサイトの三倍近い総展示面積を6年ぶりにフルで全会場を活用、来場者は13万人超えとなりました。

ドットコム時代にはアメリカの製造業のコアにHP、GEやCISCOが君臨することなどは想像が出来ませんでした。AIやボイス認識などIoTやCESとの融合を感じる展示会で弊社でも受託開発に関与させて頂いたのは貴重な経験でした。

また、弊社お客様であります日工会さまの会期中の特別ミッションとしてご協力を頂きました、PMI KYOTO PACKAGING SYSTEMS INC.およびPRINCE INDUSTRIESさまに厚く御礼を申し上げます。

お会いした方々からは、アメリカではやはりヒトですね。。と言われました。
仰る通りで、アメリカでのビジネスは何といってもキーはヒトです。大規模展示会でも要人たちの来場は週の前半に集中します。大切な人たちと会う為です。製品技術寄りの日本の方々は業務から抜け出せる週の後半になりがちです。

アメリカ市場で売り込む製品技術とヒトはセットですので人が異動や転職をすれば製品技術の販売先や販路も目まぐるしく変わります。 今回のIMTSでも日本からの進出企業が数多く出展しましたが、キーワードは古き良きアジア市場では通用しますがアメリカ市場では逆効果になりうる『メイド・イン・ジャパン』からの脱却・転換でした。アメリカ企業に成りすまして、如何にアメリカでの現地サポート力を強化できるのか。

アメリカ市場での営業力・販売力を強化できるヒトとの関係性、繋がりや信頼を構築していく努力が必要です。ヒトとの関係性が薄いとどんなに素晴らしい製品技術でも聞いてくれないケースが多く、また逆に関係性が強いとあらゆる協力をしてくれます。

私もI.T.A. Inc.でたったの20年です。アメリカ人たちからも、アメリカの商社・マーケッターとしてもっとアメリカ人の真のサークルに入れと叱咤されております。

  続きを読む


Posted by アメリカ・シカゴ I.T.A., Inc., President, Shin Kishioka・岸岡慎一郎 at 22:15アメリカ進出シカゴ進出商社業

2018年07月29日

アメリカで真の仲間入り

Source: NMSDC


7月23日:
全米マイノリティカウンシル社長兼フォードのグローバル オペレーション社長が、次期全米マイノリティカウンシル 社長にトヨタのサプライヤーダイバーシティGMがをしました。

これはトヨタが真の米国社会の仲間入りされたことを意味していて アメリカでは大きなニュースとなっております。アメリカ市場・社会で

  続きを読む


Posted by アメリカ・シカゴ I.T.A., Inc., President, Shin Kishioka・岸岡慎一郎 at 23:04商社業マイノリティカンパニー

2018年04月28日

アメリカ・マイノリティ誌に掲載

[I.T.A., Inc. Media]

今週、シカゴでは年次サプライヤーダイバシティ・マイノリティ購買コンファレンス(CBOF51)が開催されました。2017年・50周年記念コンファレンスに続き3回目の参加をしました。

また、同イベントで配布されました年次雑誌に弊社I.T.A., Inc.
インタビュー記事を掲載
(pg 23) していただきました。

51年の歴史がある同団体。漸く、少しだけ顔を憶えて頂ける様になりました。アメリカのマイノリティ・MBEの分野では我々はまだまだヒヨッコで業界で認識されて顔や社名を憶えて頂くということは大変なことですね。

アメリカで製造業を営む大手企業のCSR向上に、商社機能、環境・労働安全技術アセスメント、IT/IoT/ERP/MRPはじめコミュニケーション・ログ管理用のコンプライアンスシステムを中心に、貢献できればと思っております。

  続きを読む


Posted by アメリカ・シカゴ I.T.A., Inc., President, Shin Kishioka・岸岡慎一郎 at 23:09アメリカアメリカ進出メディア商社業マイノリティカンパニー

2018年04月01日

アメリカでの販売力

アメリカで売る為の販売のプロ仲間達からのご指導・・・。

販売に関するダメ出しの連発・・・に対応してからの強烈な実践。
当初は鶏か卵かの議論を喧々諤々とご多分に漏れずで疑心暗鬼だったメーカーも、結局は勝負してくれて対応してくれたこともありますが、これまでに7億円以上を販売してくれました。この金額が大きいか小さいかは製品や業界や会社規模にもよるかと思いますがトップ営業で自ら一人で対応してくれました。しかも、先代から脈々と受け継いでいたアメリカ製品から乗り換えての大冒険でした。

そんな彼との最近の新製品の紹介の打合せで。

『だから、それでは絶対にダメだと。その製品を売れること、売ることへの素晴らしい体験を創出、プロデュースできなければ、どの様に素晴らしい製品技術でもダメだ。』と、凄まじく必死なアメリカに・・・・・少しでも太刀打ちできる日本の企業が増えてくればと思います。

素晴らしい製品品質・価格・納期の大前提要件に加えて、

魅力的なサプライチェーン、ビジネスメリットの創出



魅力的な販売活動と調達活動の体験をプロデュースすること

  続きを読む


Posted by アメリカ・シカゴ I.T.A., Inc., President, Shin Kishioka・岸岡慎一郎 at 22:40アメリカ進出商社業

2018年03月25日

アメリカ進出の大潮流

シカゴも一日一分、日がのびて春到来ですが今年は肌寒い日が続きます。
アメリカの製造業のゲートウェイシカゴに日本からの進出ラッシュが続きます。

アメリカ通商拡大法232条にかかる鉄鋼・アルミの関税措置などでますますアメリカ進出企業取引がのぞまれる傾向が高まりつつあります。

つい最近、弊社I.T.A.でもお手伝いを開始した取引先でも、 東洋ビジネスエンジニアリング株式会社日本電計株式会社日本コーンスターチ株式会社VANTECHアクティシステムノーブルDマクセル株式会社、など。

これら、アメリカ進出がまだまだなニッポンの30万社以上の製造業の

  続きを読む


Posted by アメリカ・シカゴ I.T.A., Inc., President, Shin Kishioka・岸岡慎一郎 at 17:17アメリカ進出コンサルティングアメリカ情報技術室商社業戦略・提携マーケティング・リサーチ

2018年03月11日

APACC - アメリカ商社

AAC in Chicago to APACC in Dearborn.
Special Thanks to: #APACC #NMSDC #Michigan Minority SDC #MBE




#マイノリティ認定企業、初心を忘れるべからず
#フォトブロ #商社業 #製造回帰の加速化 #米国内出張 #製造業支援 #自動車産業 #ミシガン #サプライヤーダイバーシティ #米国アジアンパシフィック商工会議所 #マイノリティ #購買会 #年次ミーティング #狂気沙汰 #チームメンバーに引継ぎ


  続きを読む


Posted by アメリカ・シカゴ I.T.A., Inc., President, Shin Kishioka・岸岡慎一郎 at 22:58国内海外出張アメリカ情報技術室商社業マイノリティカンパニー

2018年02月04日

アメリカ認証

2018年のアメリカMBEの認証を取得しました。

12月3日から申請準備・関係者役員挨拶確認・書類準備をしましたが、毎回追い込まれます。大寒の修行です。

今回は全米NMSDCポータルのシステム更新と内容・形式変更、新任の認証官が全面的に対応、その他など変化の多い年となりました。

このアメリカでの各種認証取得はRohs、FDA、OSHAはじめ共通点が多くビジネス面でも類似するシーンがあります。何か求められる書類を提出するだけで、また、売込みも営業も同様というイメージを持たれている方が多いですが、まるで違います。それは、

  続きを読む


Posted by アメリカ・シカゴ I.T.A., Inc., President, Shin Kishioka・岸岡慎一郎 at 20:11アメリカ進出TEAM ITA商社業マイノリティカンパニー

2018年01月14日

KINTONE x ITA PORTAL



2018年初出張はミシガンでした。

弊社がアメリカでお客様への導入を推進しているKINTONE
昨年末に受注頂いた初の実績は200+ユーザーでした。競合先の切り替え需要も多いことが分かってまいりました。アメリカでの30名+体制での手厚い支援をいただき、部分カスタマイズを続けてまいりました。毎月シリコンバレーよりお越しいただいてますが、日本のアクセレレータ開発陣営にも感謝です。

また、自社が代理店として推奨する機能の理解を深めるためにじしゃないでの活用がスタートしました。 これにまずはクライアントではなく、アメリカのサプライヤー、物流会社やコラボレーターに連動させて効率化を推進してまいります。 特定プロジェクトや不定期な案件を中心としたサプライヤーポータルですので、是非、ジョインして活用して頂きたいと思います。これにより、   続きを読む


Posted by アメリカ・シカゴ I.T.A., Inc., President, Shin Kishioka・岸岡慎一郎 at 21:26コンサルティング国内海外出張アメリカ情報技術室商社業

2017年12月16日

アメリカでのエンドースメント

気付きませんでいしたが、早師走なのですね・・・。18日の週は今年最後の出張。icon20icon17icon10  急遽、恩人たちがホワイトハウスやワシントンDCから来られ、出頭要請がありました。この依頼の重要度の判断が最も大切です。

新規ごとがあるので、兎に角、イベントは人が多いから詳しいことはクリスマス連休中にゆっくりと時間を割いて話をしよう、とのことでした。

ただ、本日も参加してくれたから、引き続きエンドースはしてあげるから心配はするな、とも。アメリカでは努力や実力だけではエンドースはなかなか得られないです。常に親密で良好な関係と真の貢献をしなければならない厳しい世界ですね。先週のエンドース要件の仕事でも大変でした。まだまだです・・・。

やがて、貢献の公私にわたる積み重ねが認められ、プライベートのお誘いにお声がけをして頂ける様になります。が・・・これはこれで細部にわたる気遣いのお付き合いは中々大変ですね。

  続きを読む


Posted by アメリカ・シカゴ I.T.A., Inc., President, Shin Kishioka・岸岡慎一郎 at 22:01アメリカ進出アメリカ情報技術室商社業大統領直轄イニシアチブマイノリティカンパニー戦略・提携