2013年06月22日

INVESTMENTS



What are your latest portfolios?

これまで投資信託やらFXに小銭を注いできました。今般、資産家を仲間の投資家に紹介してあげました・・・  続きを読む


Posted by I.T.A., Inc., President, Shin Kishioka・岸岡慎一郎 at 12:18株式・為替・投資

2011年05月12日

想定外マネージメント


(久々のmy fx画面)

銀の先物の急落ぶりやら熱延鋼板の市場価格の乱気流など異常事態になっています。

また、大震災の影響が懸念される中での円高基調が続き、下手をするとドル円相場も75円以下や95円の局面もありうる状況となっています。 このような非常時における今後3ヶ月、6ヶ月の為替相場のよみは大変に難しいものがあります。

日本国内の資金のリパトリエーションに加え、海外の日本国株の売却による海外へのリパトリエーション、株から債権への切り替え、輸出入間ギャップにおける相対的な円買い基調の増加などさまざまな要因があるでしょう。 想定は不可能、このような経営を揺るがすような想定外の緊急ミーティングばかりですが、想定外マネージメントを如何にしていくかの連続調になります。 



View Shin Kishioka's profile on LinkedIn
  


Posted by I.T.A., Inc., President, Shin Kishioka・岸岡慎一郎 at 23:42株式・為替・投資

2010年12月06日

リズミックカーブ


(shin's myfxcm 画面)

いろいろな金融商品が登場していきていますがどれも不確実性の時代。
分かり易いFX画面をみてもこんな不思議な曲線を連発し、いままではあまり無いような事象です。

まるで新体操のようなループ。 投資信託系化したような商品も乱気流が激しいです。 日々のビジネス動向のいろいろな事象についても後付説明、しかも苦し紛ればかり。 

来年は気を引き締めないと、より一層大変な時代に突入するでしょう。 




『ニッポンのアメリカ事業部』
ITA, Inc. on LinkedIn
テクノロジー&ビジネスソリューションプロバイダー
アメリカ・シカゴ進出支援・ITサービス・コンサルティング・リサーチ
人気ブログランキングへ
  


Posted by I.T.A., Inc., President, Shin Kishioka・岸岡慎一郎 at 04:53株式・為替・投資

2010年08月18日

まだドル高なのか



本日の昼休み談義。
アメリカとビジネスしよう: 2009年11月5日時点での2010年春の為替予測

春には80円を切るであろうと予測・・・・・半年先を読もうとしていたが、遅ればせながらも甘ちゃんなので一年先を読んだ格好となってしまいました。

ただただ、周りの仲間達には60円台もありかもと言ってしまっていたので、それから比べればまだまだドル高ポジションですね。 素直心でみたとしても、何もしなければしないほどに買いが入る魅力的な安定通貨となりうるわけでもありますし。 

購買力平価のビッグマック指数をみても、実力差がピンときませんですね。 日本では生ビールが100円などあらゆるデフレが蔓延っているため地場同士のものの比較の方が良いのでしょうし、生き残りをかけた価格合戦で介入余地無しの状況ですが。。。政府が手をうたないと更に円高になってきてしまいます。icon10

(為替取引は自己責任にてご判断ください)




  


Posted by I.T.A., Inc., President, Shin Kishioka・岸岡慎一郎 at 10:28株式・為替・投資

2009年11月23日

マーケット・ダイバーシティ



誰も経験をしたことがない物凄い勢いでひろがるマーケットのダイバーシティ。face08

週末の時間を利用して投信やfXで株式投資や為替投資の勉強をしていました。
今後のリージョナルダイバーシティを勉強するためには地域別の勉強をしなければなりません。

Twitterでも証券会社がリアルタイムトレンド情報も配信していたり、最近ではプロにトレードを任せてしまうシステムも登場しています。 

これからマーケットとビジネスの両面で更に急激なダイバーシティを迎えるためにこれらの目利き力が必要になってきます。icon26

上チャートは現状の手持ちSBのETFのYTDポジション。 尚、FXの方は約+645%。

どんどん投資もお金も海外へと流出、判り辛い不確実性の時代です。



  


Posted by I.T.A., Inc., President, Shin Kishioka・岸岡慎一郎 at 20:18株式・為替・投資