2019年01月01日

Happy 2019 to All!

2018年もI.T.A.&I.T.A.ジャパンが大変お世話になりまして誠に有難うございました。 無事にシカゴも年が明けました。実際には色々と山積みで、まだまだ2018は終わりませんが・・・節目、20年目の重みです。

元旦は三桁の大勢の方々とお会いできますことを楽しみにしております。
2019のアメリカは『世の中がその日勝負』の元年とまります。サプライヤー様、パートナー様、クライアント様、皆様の今まで以上に強い一枚岩の関係強化してまいりましょう。

引き続きご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。皆さまのご健康と輝かしい一年を祈念いたしております。(この週末も大晦日もアメリカ人が当ビルの半分くらいきていて季節感ゼロで、なんでこんな時に来訪があるのかピンとこない&時代の激変を感じております)

  続きを読む


Posted by アメリカ・シカゴ I.T.A., Inc., President, Shin Kishioka・岸岡慎一郎 at 09:08ご案内仕事シカゴアメリカTEAM ITA

2018年12月25日

2018 Season's Greetings


It is grateful to be able to thank everyone with gratitude.
Special thank you to Mr. Hara for being our assistant secretary and for his professional service for over 40 years. Also, thanks to the successors, our special partners, local leaders.


この度、永らく弊社I.T.A.の秘書役補佐をご支援頂いた原先生がご引退されました。アメリカでの40年を超えるキャリア、多くの日本企業にとっても宝だと思います。これまでのご支援ご指導に心より感謝を申し上げます。引き継がれた二名の弁護士の方々には、お世話になりますが引き続き宜しくお願い申し上げます。 (クリスマス連休週末も皆さんアメリカ人たちが普通に働いていて驚きです)

尚、私も

  続きを読む


Posted by アメリカ・シカゴ I.T.A., Inc., President, Shin Kishioka・岸岡慎一郎 at 04:26仕事シカゴアメリカ

2018年12月01日

アメリカでプラットフォーム形成

[アメリカでプラットフォーム形成:ウェルネス・ヘルスケア事業編] 1/6/2019

アメリカで十数年間ほど医療テック、大手ヘルスケアスタートアップ、アメリカのグローバルIT企業によるヘルスケアテクノロジープラットフォーム、健康整水器、介護・セラピーロボットなど支援取組をグループ化しました。

下記に追加しまさした、研究開発技術のシンクタンクとの連携も絡みますが、製品・技術を販売する前に必要なFDA認可取得から使用している化学物質の当局届出・取引管理、アメリカの医療・製薬業界における営業規制・実践規律、医療データのハンドリング規制などもグループでサポート致します。

丁度、今週からCES19が開催されますが、まさにウェルネスも注目の的です。職場、生活、自動車、全てと接点がある分野です。

[アメリカでプラットフォーム形成:アメリカ・研究開発技術リサーチ編] 12/28/2018

アメリカでがっつり踏み込んで特定の技術分野で誰がどこまでの研究開発に従事しているのかをリサーチしてくれるパートナー企業とミーティングを実施しました。米国大手電機メーカーからコンシューマー商品メーカーまで幅広い大手顧客を保有されています。弊社のマーケティング・リサーチチームと連携をして各プロジェクトをアクセレレ―トに寄与できればと思います。可成り難易度が高く時間を要する分野ですので時短やリソースに期待したいです。同社がスタートアップ時に創業者と面談しましたが、研究開発・PhD 3,000人のネットワークを擁するまでになっており何よりです。このアメリカの研究開発パートナーと有望技術リスティングをKINTONEでも共有して評定と需要状況を可視化してまいります。

[アメリカでプラットフォーム形成:ジェトロ・アメリカ進出プラットフォーム事業編] 11/27/2018

従来のジェトロのアメリカ進出支援が加速化、コーディネーター業務からより広範囲にコンサルタントを増強して分散協調型にプラットフォーム事業として支援を致します。11月27日に発足式が開催されました。

(追記)本日、12月23日に進出支援のご相談が数件まいりました。週末ですが、いよいよ本格ローンチですので追記致しました。

[アメリカでプラットフォーム形成:コンプライアンス編] 12/13-14/2018

EPA、OSHA、GHS、SDS、TSDA、EPCRA、NPDES、RCRA、PLC、GHG、ISO/TSの規制対応、コンプライアンスサポート業務のニーズが徐々に高まってきております。

アメリカでの許認可、当局へのレポート、特にTCSAを中心とした環境・労働安全基準局への登録・認証確認、及び、取引のトラッキング管理業務をセットアップしていっております。

保険会社のみなさまをはじめ営業サイドのプラットフォームご参画をいただき大変お世話になり有難うございます。

アメリカでは特に素材や使用されている化学品、材料など技術的な進化に伴い、従来の規制の更新が多く対応が困難です。

皆さまが準拠できるようにご支援をしてまいります。


[アメリカでプラットフォーム形成:パートナー編] 12/12/2018

サプライヤー以上、コラボレーター以上、協業以上、のパートナー方々。
私共の貴重なリソース、ソリューション、智慧の源だけでなく顧客や弊社の分身的立場で動いてくださり心より御礼を申し上げます。




[アメリカでプラットフォーム形成:日本中小機構編] 12/10/2018



新たな中小機構バージョンプラットフォーム事業のスタートです。
備忘録)アメリカでの進出および事業ローンチのスキムとしては、官民⇒あとは民民で推進、加速化。


[アメリカでプラットフォーム形成:CSR編] 11/26/2018


"We are Nurturing Future U.S. Science & Technology Talents"
(photos:Chicago Shimpo)


シカゴで地元の高校生たちのサイエンス・テクノロジーへの関心を高める競技を企画支援、ノーベル賞を受賞された南部博士のご協力のもと『南部賞』が発足されました。

ISOディレクター方々がこの賞は大変に有意義で、「アメリカの若者たちの研究心を促進する意味で大きく貢献していて大変に素晴らしいことです」と評価されております。

この度、発足・協力企業に感謝状が授与頂きました。
アメリカでの製造業において現地にてお世話になっている日系企業がせめても取り組める地域貢献の一環だと思います。7年前にご来社頂いたディレクター方々との再会も嬉しかったですが、長き道のりにおけるこの感謝状、継続は力なりです。シカゴ日米協会の馬場事務長の粘り強い真摯な取組、ご協力に感謝を申し上げます。

昨今の小・中・高で勝負あった感がかなりのインパクトのある世の中で、アメリカの現地校のアクセレレータークラスなどを垣間見ると大変な緊張感をもっていて移民たちの役割分担が出来上がってきている感じがします。これからの若者が テクノロジー x グローバル x ダイバシティを意識して群をリードしていけるか注目です。

  続きを読む


Posted by アメリカ・シカゴ I.T.A., Inc., President, Shin Kishioka・岸岡慎一郎 at 03:32アメリカ進出地域貢献メディアグローバル人材戦略・提携アメリカ製造業

2018年11月25日

GANSO ALKALINE WATER IONIZER



Easily generate electrolytic hydrogen water at home. Use the power of hydrogen for daily health management. Generate purified water, acidic water in addition to electrolytic hydrogen water. Fujiiryoki’s electrolytic hydrogen water generator HWP-55 can generate purified water, acidic water, and sanitized water in addition to electrolytic hydrogen water. Various types of water can be used depending on the purpose.

We will be exhibiting one of the top quality alkaline water ionizer, GANSO at CES19.

[Healthiest Water vol. 3]
So, the next big question was what can Alkaline water do for you? We found that as the attached image shows the "7" great things it does, and how do we get the tap water to best Alkaline level with pH level of 9.5~10.0... (to be continued...)



[Healthiest Water vol. 2]
...and, based on our past six months of study and interviews to the highly healthy people around us who not only are highly health conscious but also they look 20-30 years younger than their age, we find the importance of water quality we consume & use. The top two important factors being pH (with ideal pH of 9.5~10.0) and alkaline levels of water. (to be continued...) hashtag#wellness hashtag#water hashtag#ces hashtag#howto hashtag#alkaline hashtag#pH hashtag#ionize hashtag#waterquality hashtag#ionizer hashtag#antiaging

Checkout GANSO water ionizer and how we started on the study and journey for the healthiest drinking water at home for more.

  続きを読む


Posted by アメリカ・シカゴ I.T.A., Inc., President, Shin Kishioka・岸岡慎一郎 at 23:10アメリカの流行アメリカ進出Japan TechnologyCES

2018年11月24日

アメリカでインターン応募者へ

インターン支援はしていないのかとよく(特に親族にインターンをさせたいお客様から)聞かれます。
弊社I.T.A.では累計610名の学生から社会人の.インターンをシカゴにて受け入れてまいりました。

現在は3名の元インターンが日本、南米、アメリカで弊社の様々な仕事を日々リモートで支援してくれています。また、インターン応募者数がオーバーフローしていて面接すらできずに申し訳ありませんが、現在は一旦ポーズしている次第です。(決して選抜されなかったわけでないのでガッカリしないでください)

一方では、ご連絡を頂く応募者からは人生の答えを求めるかのような、『どうしたら・・・になれますか?』  という近道探しの質問が増えてきてます。若者はメンターや人的なネットワークもないので、 まずは以下やコチラのようなYoutubeを’乱視聴して将来を考えながら’、実際に様々な先輩に会ってみてください、とお願いしてます。

きっとご自身にあったミッションを感じとりながら海外でのもがき方の ヒントにもなると思います。こういう方々に実際にお会いするのがベストです。別世界の角度から更に深いお話がお伺いできます。
勿論、我々はインターンから日本や世界の未来を学んでおります。

Happy Thanksgiving everyone!







  続きを読む


Posted by アメリカ・シカゴ I.T.A., Inc., President, Shin Kishioka・岸岡慎一郎 at 07:04アメリカインターングローバル人材リーガルエーリアン

2018年11月18日

TOYOTA SD OE 2018

第29・トヨタのSD OE年次イベントがデトロイトで無事に終了しました。
数千人のアテンダンスで、内容も質も向上し続けていて年々パワーアップしています。

Tier 1 Tier 2サプライヤー200数十社が集結、SDやOEについて浸透度が更に高まっており、同分野はトヨタが牽引していく意気込みを感じました。

アメリカでのトヨタOEには3回目の参加となりましたがMBE商社として寄与出来る巾を広げる必要性が出てまいりました。

この土日は日本とテキサスからシカゴ入りされた方々と会社でSDの打ち合わせをしております。ご協力・ご支援に感謝申し上げます。

  続きを読む


Posted by アメリカ・シカゴ I.T.A., Inc., President, Shin Kishioka・岸岡慎一郎 at 23:11TEAM ITA商社業マイノリティカンパニーマーケティング・リサーチ

2018年11月04日

Won The RYMAN PRIZE



大変にお世話になっております、PARO THERAPEUTIC ROBOTの創業社長・柴田博士がRyman Prizeを受賞されました。

この素晴らしい朗報、高齢者福祉・医療分野でのノーベル賞受賞の偉業達成であります。心よりお祝い申し上げます。icon12icon12icon12

専門誌やオーソリティ方々は勿論ですが、FORTUNE誌もパロロボットをAIとロボットの最高の技術、ディメンシアをケアする介護ロボットして高く評価しています。

こちらの写真のツー・トップ、および、ディズニーの元プロデゥーサー が最大の功労者でした。「チーム・絆・KIZUNA」同志で喜びを分かち合いたく存じます。(シカゴ駐在時代にジェトロ・シカゴのスタッフと共にパロを担いで各州を歴訪したことを思い出します。)ニュージーランドだけでなく、アメリカ、シカゴ、日本各地、ウルグアイ、欧州、まさに世界各地にて快哉を叫んでおります。



ジェトロ x ロボット・アメリカ・デベロップメント・プロデュース
I.T.A. x ロボット・テック&ビジネスサポート

ロボットに関しても、CESをはじめ、数々の舞台に立ってまいりました。シカゴで全米初・発の試みとなりましたMSIとのロボットレボリューションに日本からの8社のロボットメーカーと参戦して以来8年(日経記事)、も先月に全米4か所での開催を経て無事にシカゴで閉幕いたしました。これから新たなステージへと向かってまいります。

  続きを読む


Posted by アメリカ・シカゴ I.T.A., Inc., President, Shin Kishioka・岸岡慎一郎 at 06:38アメリカコンサルティングシカゴ進出地域貢献Japan Technology代理店

2018年10月14日

アメリカの最新F.I.R.E.

この職場環境の素晴らしさは現場に実際に来ないと分かりません。(全参加者談)
本巻末に記載しますがF.I.R.E.、これからのアメリカでの働き方の全てが凝縮されています。
アメリカでの10時間を超える最新採用試験(①~⑦参照)について触れましたが、大きな働き方改革が起きています。

シカゴのIT系ベンチャーですが現在は300人弱ですが1,000人まで一気持っていくとのことで、ソフトバンクも早々に投資を決定しています。

また、弊社が販売・技術サポートをさせて頂いているASPROVAやサイボウズのKINTONEも同社サービスを利用しています。

このベンチャー企業はアメリカの40億ドル市場に位置付けられており、最新最先端の働き方を促進しております。

いま、こうして今後の同社との付き合い方の可能性を話しながらタイプしております。

☆勤務時間の自由選択・決定
☆週4日間朝食とランチは無料
☆キッチンでのドリンク類(種類も)無料
☆パワーブック、BOSE、ジム、等々支給

驚いたのは入社初日から10日間は40種類を超えるアプリを設定に時間とリソースを投下。


更に驚くのはここからで、

  続きを読む


Posted by アメリカ・シカゴ I.T.A., Inc., President, Shin Kishioka・岸岡慎一郎 at 08:05アメリカアメリカの流行アメリカ進出アメリカ情報技術室

2018年09月16日

アメリカでのビジネスはヒト・・

先週のシカゴで開催されたIMTS製造技術展はアメリカの2000年ドットコムバブル以来の規模。
ビッグサイトの三倍近い総展示面積を6年ぶりにフルで全会場を活用、来場者は13万人超えとなりました。

ドットコム時代にはアメリカの製造業のコアにHP、GEやCISCOが君臨することなどは想像が出来ませんでした。AIやボイス認識などIoTやCESとの融合を感じる展示会で弊社でも受託開発に関与させて頂いたのは貴重な経験でした。

また、弊社お客様であります日工会さまの会期中の特別ミッションとしてご協力を頂きました、PMI KYOTO PACKAGING SYSTEMS INC.およびPRINCE INDUSTRIESさまに厚く御礼を申し上げます。

お会いした方々からは、アメリカではやはりヒトですね。。と言われました。
仰る通りで、アメリカでのビジネスは何といってもキーはヒトです。大規模展示会でも要人たちの来場は週の前半に集中します。大切な人たちと会う為です。製品技術寄りの日本の方々は業務から抜け出せる週の後半になりがちです。

アメリカ市場で売り込む製品技術とヒトはセットですので人が異動や転職をすれば製品技術の販売先や販路も目まぐるしく変わります。 今回のIMTSでも日本からの進出企業が数多く出展しましたが、キーワードは古き良きアジア市場では通用しますがアメリカ市場では逆効果になりうる『メイド・イン・ジャパン』からの脱却・転換でした。アメリカ企業に成りすまして、如何にアメリカでの現地サポート力を強化できるのか。

アメリカ市場での営業力・販売力を強化できるヒトとの関係性、繋がりや信頼を構築していく努力が必要です。ヒトとの関係性が薄いとどんなに素晴らしい製品技術でも聞いてくれないケースが多く、また逆に関係性が強いとあらゆる協力をしてくれます。

私もI.T.A. Inc.でたったの20年です。アメリカ人たちからも、アメリカの商社・マーケッターとしてもっとアメリカ人の真のサークルに入れと叱咤されております。

  続きを読む


Posted by アメリカ・シカゴ I.T.A., Inc., President, Shin Kishioka・岸岡慎一郎 at 22:15アメリカ進出シカゴ進出商社業

2018年09月11日

20th Anniversary



沢山の誕生日祝い、数々の激励を頂きまして有難うございました。
生憎、夏合宿に続きシカゴでは一気に追込み不眠不休の秋合宿中です。

『ニッポンのアメリカ事業部』、I.T.A.として20年が経ちました。アメリカ累計在年数も30年近くとなりました。沢山の方々にご支援ご指導を頂きまして誠に有難うございます。御礼を申し上げます。

アメリカ進出ラッシュが続きますが、まだまだ

  続きを読む


Posted by アメリカ・シカゴ I.T.A., Inc., President, Shin Kishioka・岸岡慎一郎 at 23:57プライベート仕事アメリカ

2018年07月29日

アメリカで真の仲間入り

Source: NMSDC


7月23日:
全米マイノリティカウンシル社長兼フォードのグローバル オペレーション社長が、次期全米マイノリティカウンシル 社長にトヨタのサプライヤーダイバーシティGMがをしました。

これはトヨタが真の米国社会の仲間入りされたことを意味していて アメリカでは大きなニュースとなっております。アメリカ市場・社会で

  続きを読む


Posted by アメリカ・シカゴ I.T.A., Inc., President, Shin Kishioka・岸岡慎一郎 at 23:04ご案内商社業マイノリティカンパニー

2018年07月22日

アメリカの最新人財採用

アメリカで転職を考える若者たちから沢山の相談を受けます。

そんな中で徐々に応援すべく気持ちになる奮闘する青年がいます。
新卒も中途も同じ土俵での決戦は何ら変わりはありませんが、
選考プロセスは壮絶なものとなってきています。

まずはLinkedinでプロフを整えてきっちりResumeを準備して、
採用企業を社名の如くガラス張りにするGlassdoorで自身の
人生設計・ライフスタイルに最も適した採用企業を企業研究します。

その上で応募要請があった企業に応募します。
今どきのアメリカでの成長ベンチャーの最新採用試験。それは、



  続きを読む


Posted by アメリカ・シカゴ I.T.A., Inc., President, Shin Kishioka・岸岡慎一郎 at 23:13仕事アメリカ進出グローバル人材

2018年06月23日

KINTONE・業務改善セミナー



サイボウズ・KINTONEワークショップ(第二弾)in Chicago <6月28日・29日 に業務改善セミナー>を弊社にて開催しますので奮ってご参加ください.

お蔭様でアメリカ中西部でもコンプライアンス対応も兼ねてKINTONEの導入が徐々に増えてきております。

  続きを読む


Posted by アメリカ・シカゴ I.T.A., Inc., President, Shin Kishioka・岸岡慎一郎 at 22:18ご案内コンサルティングアメリカ情報技術室

2018年06月17日

ブログがキャパオーバー

ブログアップしようとしたらこちらの表示が・・・。
早くも世の中にブログというものが登場して2004年から15年間。

この表示は消えませんがアップできるようになりました。(笑) ドリームゲートのメンバーの皆さん、日々のサポートをありがとうございます。

  続きを読む


Posted by アメリカ・シカゴ I.T.A., Inc., President, Shin Kishioka・岸岡慎一郎 at 19:18ご案内プライベート

2018年05月20日

日米捻じれ大ギャップ

引き続き日本からのアメリカ市場進出・参入企業のご相談が増えております。
日米のサービス(人件費)と製品コストのそれぞれのギャップが逆転しています。

時間コストは日本が安すぎるために(年収比:20代、30代、40代で20%~200%+差ですが感覚的には更に大きいギャップ)、アメリカでのマーケティングや販売面などにコスト高に直面し、製品コストはアメリカの価格競争(消費財はアメリカが割高なのに、アメリカに進出していない日本製品の産業用製品価格はアメリカ製品と比較して30%~250%高い)に参入できないという捻じれは大変にやっかいです。

今週、特に新規でアメリカ市場に参入する際には新たに進出している企業方々とじっくり話をしましたら、

  続きを読む


Posted by アメリカ・シカゴ I.T.A., Inc., President, Shin Kishioka・岸岡慎一郎 at 23:56アメリカアメリカ進出アメリカ製造業